エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

エステティシャンでも憧れの一人暮らしってできる?

エステティシャンでも憧れの一人暮らしってできる?
 
エステティシャンになったら、自立をするためにも一人暮らしを考えている人もいるのではないでしょうか?でも一人暮らしには家賃から生活費など多くの出費がかさむため、金銭面での不安があると思います。そんな不安を払拭するためにも、エステティシャンの一人暮らし事情についてまとめました。

 


 

 

1、エステティシャンの平均的な給与ってどのくらい?一人暮らしは可能?

 
エステティシャンの給与は、平均すると20万円〜とされているところが多いようです。それだけでは一人暮らしをするには少し不安定に感じるかもしれませんが、インセンティブを導入しているサロンもあり、実力や頑張り次第では高月給も目指すことができます。
また残業代や交通費の支給、各種手当などの待遇面も充実しているので女性が自立して働きやすい環境が整っているでしょう。そのためエステティシャンになって一人暮らしをすることは、問題なくできそうです。

 
 

2、一人暮らしをするメリットとデメリット

 
エステティシャンでも憧れの一人暮らしってできる?
 
<メリット>
 

自立できる

一人暮らしをすると何でも一人でやらなくてはいけないため、自立をすることができます。家賃や光熱費の支払い、料理や洗濯、部屋の掃除など、実家暮らしでは親にしてもらっていたようなことも全て自分で行う必要があります。
そのため自立した生活を送ることができるため、一人の大人として責任感を持った行動ができるようになるでしょう。

 
 

自由な生活

一人暮らしは全部自分でやらなくてはいけませんが、その分自由が手に入ります。休日なら好きな時間に起きて、好きなものを好きなだけ食べて、ゴロゴロしても誰にも注意されない、一人を満喫するライフスタイルが送れるでしょう。
また恋愛をしていたら恋人を家に招いたり、友達とパーティーをすることもできるので、まさに一人暮らしの最大の楽しみとも言えるのではないでしょうか。

 
 

好きな場所に住める

もし勤務地となるサロンと実家が離れた場所にあると、毎日の通勤に時間がかかり肉体的に疲れてしまいます。その負担を少なくするためにも、勤務先の近くで一人暮らしをすれば利便性が良くなり快適に過ごすことができるでしょう。
さらに「都会のあのエリアに住みたい」なんていう憧れを叶えることもできるので、実家を離れて好きな場所に住むことができるのも一人暮らしのメリットです。
 
 
エステティシャンでも憧れの一人暮らしってできる?
 
<デメリット>
 

寝坊のリスクがある

毎朝お母さんに起こしてもらっていた、という人も多いと思いますが、実家を出て一人暮らしを始めたらそんな風に頼る人はいません。部屋には自分一人しかいないので、もし寝坊をしてしまっても自己責任。朝が弱い人にとってはちょっぴり不安を感じるでしょう。
「起こしてくれる人がいなかったから」なんていう言い訳は社会人になったら通用しません。一人暮らしをするようになったら、そんな失敗をしないためにもアラームをいくつかセットし、一人で起きられるように頑張りましょう。
 
 

出費が多い

一人暮らしのデメリットは出費が多いことではないでしょうか。実際に一人暮らしを始めてみると、とにかくお金がかかることに驚くと思います。まずは引っ越し費用や敷金・礼金、家具・家電代、毎日の食費や美容代、家賃やガス・電気・水道代、通信費に至るまで、給与のほとんどを引かれていってしまうので、貯金にまわす余裕がないのが現実。
娯楽費や交際費にお金を使いすぎていると、家賃を滞納してしまったりカードの支払いが滞ってしまう恐れもあるので、家計簿をつけるなど計画的にやりくりをする必要があるでしょう。

 
 

3、寮完備や家賃手当のある求人を探すのもオススメ

もし初めての一人暮らしに不安があるなら、寮完備や家賃手当のある求人をチェックしてみましょう。「家賃が支払えるか不安」「今月のお金がピンチ…」など、エステティシャンの仕事や勉強に集中するためには余計な心配事はない方が◎
サロンによっては寮に入って生活ができたり家賃手当が出るところもあるので、慣れない一人暮らしをする人にとってはありがたいですよね。
 

 
 

4、まとめ

 
エステティシャンでも憧れの一人暮らしってできる?
 
エステティシャンになって一人暮らしをスタートできたら、もう立派な大人の仲間入り。自立した生活をできるようになると、自信がつくので自分自身の成長にもつながります。
でもエステティシャンになったばかりで、収入面や精神面でも不安定な時に無理をするのは良くありません。現状と自分のキャパや性格を見極めて、一人暮らしをするかどうかの決断をしましょう。
もし不安なら、寮に入れたり手当が出るサロンを選ぶと安心して一人暮らしができます。新しい生活は楽しく有意義なものにできるよう、計画を立てて行動することがポイントですよ。