エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

30代から美容部員に転職!業界未経験でも採用されるには

30代から美容部員に転職!業界未経験でも採用されるには
 
30代になってから転職を考えることは、それなりのリスクが生じます。そのことから不安要素が強くなり、今の仕事を辞めたくてもなかなか行動に移せない人も多くいるでしょう。ましてや業界未経験となると、なおさらためらってしまうものです。
そんな30代の女性の転職先にオススメしたいのが、美容部員。美容部員は未経験でも可能だったり年齢制限がないところも多く、新しくチャレンジするのにぴったりな職種と言えます。
経験がなくても、美容部員として採用されるポイントやアピール例をご紹介します。

 


 

 

1、30代の美容部員への転職は有利?不利?

 

30代だからこその信頼感や強みがある

30代になってから新しい業界にチャレンジすることは勇気が必要だと思いますが、30代だからこそ得られる信頼というものもあります。
一般的に大学を卒業して新卒で働いてきた人なら、ある程度の社会経験や常識が備わっています。その経験や知識というのは、30代だからこそアピールできる自分の強みと思っても良いでしょう。
また40〜50代くらいの世代の人からすると、あまりにフレッシュで若い販売員よりも、それなりの経験を積んできた30代の販売員の方から商品を買いたいと思うのが心理と言えるでしょう。そのため30代という年齢をハンデというよりかは、メリットとして活かすことができるのです。

 

接客・営業経験者は有利

美容部員は未経験だとしても、同じ接客業や人と話す機会が多い営業の経験がある人は、美容部員として有利だと言えます。業界は違えど、お客様や取引先とコミュニケーションを図る面では共通する部分があります。またエステティシャンや美容師などの美容業界で働いた実績や、メイクの専門学校やスクールに通っていた経験ががあるとさらに優遇されやすいポイントとなるでしょう。
そのため接客スキルや営業トークで磨いた話術や経験は自分の武器となり、美容部員への転職にも大きくプラスになることでしょう。

 
 

2、未経験でも転職することはできる?

 
30代から美容部員に転職!業界未経験でも採用されるには
 

経験や年齢は問わないことが多い

どのブランドにも顧客ターゲットというものが存在しています。それぞれのブランドが掲げているコンセプトやテーマに適した年齢層を定めているので、20代を中心とした華やかで個性的なブランドから、エイジングケアができるスキンケアを取り扱っているブランドまで様々あります。
30代から美容部員に挑戦するなら、まずは希望するブランドの顧客ターゲットの層を確認しましょう。自分と同世代をターゲットにしているブランドであれば、お客様が抱える悩みを共有したり、それに応じた説得力のあるアドバイスをすることができるでしょう。

 

顧客ターゲットを考える

どのブランドにも顧客ターゲットというものが存在しています。それぞれのブランドが掲げているコンセプトやテーマに適した年齢層を定めているので、20代を中心とした華やかで個性的なブランドから、エイジングケアができるスキンケアを取り扱っているブランドまで様々あります。
30代から美容部員に挑戦するなら、まずは希望するブランドの顧客ターゲットの層を確認しましょう。自分と同世代をターゲットにしているブランドであれば、お客様が抱える悩みを共有したり、それに応じた説得力のあるアドバイスをすることができるでしょう。

 
 

 
 

3、美容部員の転職に有利な経験や職種は?

 
・美容部員以外の販売職
・飲食店やサービス業
・エステティシャンや美容師などの美容業界
・営業職
・学生時代のアルバイト経験
・メイクの専門学校の卒業生
 
美容部員の転職に有利な職種はすでに述べた通り、接客業や営業経験があることが優遇されやすい傾向にあります。人と接することに抵抗がなく楽しく会話ができる人は、接客スキルがあるとみなされ美容部員に向いていると言えます。
また学生時代に居酒屋やカフェでのアルバイト経験があれば、それも積極的にアピールしましょう。女性がターゲットとなる美容業界なら、エステティシャンや美容師経験がある人も有利と言えるでしょう。そのほかにもメイクや美容に関する知識があったり資格を取得していることも◎

 
 

4、美容部員の転職でのアピール例

 
・「前職は住宅メーカーの営業として勤務していたので、たくさんの取引先の方と接する毎日を過ごしていました。そのためセールストークには自信があります。」
・「以前はインテリアショップで接客・販売をしていました。ファーストアプローチのやり方やお客様への対応など、接客のノウハウを身に付けることができたので、業界は違えど美容部員としても活かせると思っています。」
・「大学生の頃、アルバイトとしてファミレスで働いていました。就職をして事務職でデスクワーク中心の仕事をしていましたが、接客をしたいという気持ちが強く、以前から興味のあった美容部員にチャレンジしようと決めました。」
・「もともとメイクをすることが好きで美容全般にも興味があったので、会社勤めをしながら美容に関する民間の資格を取得しました。勉強していく中で、この知識をもっと多くの人に知ってもらい、化粧品の販売やメイクをする仕事に就きたいと感じるようになり志望しました。」