エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

【エステティシャン】面接でよく聞かれる質問集とその対策

【エステティシャン】面接でよく聞かれる質問集とその対策
 
美のプロであるエステティシャンになるためには、面接を成功させることが大きなカギ。採用につなげるためには、事前にどんな受け答えをするべきかをシミュレーションしておくと安心です。そこでエステティシャンの面接でよく聞かれる質問をまとめました。面接対策としてぜひ役立ててみてください。


 

1、エステティシャンの面接でよく聞かれる質問一覧

 

志望動機を教えてください

面接で必ず聞かれる質問とも言える、志望動機について。なぜエステティシャンとして働きたいと思ったのかを尋ねられています。働く意欲やどんな理由で応募を決めたのかをチェックされています。
 

OK例
「私は以前から人を美しくするお仕事に憧れがありました。なかでもエステティシャンは美のプロフェッショナルとして活躍できる最高の職業だと思っております。たくさんの経験を積んで、一人でも多くのお客様に美しさと心地よい空間を提供できるエステティシャンになりたいと思い応募を決意致しました。」
NG例
「志望動機はエステのお仕事に興味があるからです。働きながら自分もキレイになりたいと思いエステティシャンを目指したいと思いました。」

 
具体的な志望動機で働く意欲を感じられる回答が良いでしょう。エステティシャンは人を美しくするお仕事のため、自分本位の姿勢はあまり良い印象を与えません。
 
 

どうしてうちのサロンを選んだのですか?

数あるエステサロンの中からなぜうちのサロンを選んだのか?ということを聞いて面接者の熱意を知ろうとしています。志望動機を聞かれた時に回答しているかもしれませんが、よりこのサロンでなくてはならない理由を述べましょう。
 

OK例
「御社のサロンの掲げるホスピタリティ精神に共感し、自分もそのようなエステティシャンになりたいと強く思いました。丁寧で充実した研修プログラムや高い技術力にも魅力を感じ、ぜひ御社のサロンの一員となって働きたいと思ったことが選んだ理由です。」
NG例
「私が御社のサロンを選んだ理由は、第一に給与や待遇が良かった点とあとは通勤がしやすい立地環境であることです。」

 
面接前には必ず下調べをしておくことが必要。なぜこのサロンを選んだのかがわかる明確な理由や魅力を感じた点などを伝えると◎給与や待遇、通勤のしやすさは理由として述べるにはふさわしくありません。
 
 

自分の長所と短所は何ですか?

自分の性格をどれほど客観視できているかを知ろうとしています。エステティシャンに向いている性格かどうかもチェックされていることも。
 

OK例
「私の長所は社交的で人の良い部分を見つけることが得意な点だと思います。初対面の人とでも抵抗なくコミュニケーションを取ることができるので、どんなタイプの人であっても気さくに接することができます。
短所は少々頑固な部分があることです。一度決めたら最後までその意見を貫き通したいと思ってしまうので、様々な人の価値観などを受け入れられるように柔軟な姿勢でいることを心掛けています。」
NG例
「長所は明るく元気な所です。短所は面倒くさがりな所ですぐに簡単で楽な道を選んでしまいます。」

 
自分の性格については面接でもよく聞かれる質問です。長所は自分の良い部分を答えれば良いですが、短所はネガティブな内容になるため答え方に気を付けましょう。短所をどう改善しようとしているか、などを交えてポジティブな印象になるように回答すると良いですね。
 
 

エステティシャンとしての夢はありますか?

エステティシャンになったらどんなことを目指したいか?や将来の夢などを探るための質問です。
 

OK例
「御社の充実した研修や資格取得支援制度を利用し、いずれはエステティシャンを育てる講師になりたいと考えております。そのためには着実にスキルを磨いて経験を積む必要があるので、日々その夢に向かって励みたいと思っています。」
NG例
「特に夢や目標はありませんが与えられた仕事を一生懸命頑張りたいです。」

 
自分の将来を真剣に考えている人の方が仕事に対する熱意を感じられます。ただ頑張ることを伝えるより、エステティシャンとしてどんな風になりたいかを主張しましょう。受け身スタイルはマイナスな印象に。
 
 

自己PRをしてください

自分のことを宣伝するための自己PRは具体的かつ簡潔に述べることが望ましいでしょう。過去のエピソードや経験したことなどを交えて答えるとわかりやすいです。
 

OK例
「学生時代に地域活性化のボランティア活動に参加した経験があります。地元の人との関わり方や自分がやるべきことは何かということを考えさせられました。エステティシャンにはホスピタリティ精神を持つことが大切な仕事だと思っているので、ボランティアを通して学んだ、人に対する思いやりや相手の立場になった行動を心掛けて接客をしたいです。」
NG例
「特にありませんが、やる気はあります」

 
自己PRは実体験やエピソードを元に回答すると、リアリティが増し好感を持たれます。自己紹介とは違うので注意しましょう。自分のことをアピールできるチャンスなので、「特にありません」はマイナスポイント。
 
 

他にも応募している会社はありますか?

職を探していることはわかっているので、その中でもうちのサロンは第一希望として考えているのか?を知ろうとしています。
 

OK例
「現在他にも1社面接を控えています。ですが御社のサロンで習得できる技術をぜひとも身に付けたいと考えているので、御社でエステティシャンになることが私の目標です。」
NG例
「御社に加えて3社応募をしています。採用して頂ければどこでも良いと思っています。」

 
適当に応募をしたような意味合いで捉えられる言い方は避けましょう。嘘をつく必要はありませんが、働きたいという強い意志を伝えることが大切。
 
 

美容でのこだわりや大事にしていることはありますか?

エステティシャンという職業柄、美に対しての興味や意識を知ろうとした質問。
 

OK例
「美容は継続が大切だと考えているので、基本的な肌の保湿やクレンジングを丁寧に行うことを意識しています。その他にも睡眠や食事などにも気を遣うようにしています。」
NG例
「美容には無頓着で特にこだわりはありません。ただエステティシャンになるとキレイになれると聞くのでそれが楽しみです。」

 
特別美容の知識があることを期待しているわけではありませんが、美容に対しての興味があるかどうかは採用に関わるポイントと言えるでしょう。美容に無関心すぎると、果たしてエステのお仕事に真剣に向き合えるのか?と疑われてしまいます。
 
 

前職を退職した理由は何ですか?

転職の面接者に聞かれることが多い質問。辞めた理由がネガティブ要素が強くないかをチェックしています。
 

OK例
「前職もエステティシャンとして勤務しておりましたが、トータルエステサロンだったため幅広い施術を行っていました。働く中でもっとお客様に寄り添ったサービスができるエステティシャンになりたいと考えるようになり退職を決めました。」
NG例
「退職理由は職場の人間関係です。サロンの店長の考え方と意見が食い違う場面が多く、非常に働きにくい環境にありました。」

 
自身のステップアップややりたいことを実現するための前向きな退職理由は好感を持てますが、人間関係や給与などが理由だとマイナスな印象に。
 
 

土日出勤や研修などで残業することもありますが大丈夫ですか?

エステの仕事は土日に出勤することが多く、また残業が発生することも。そのことも対応してもらえるか、どのような考え方かを知ろうとしています。
 

OK例
「問題ありません。忙しい日こそ仕事のやりがいを感じるので積極的に勤務したいと思っております。残業もその時間帯にしかできないことがあると思うので、より良いサービスを提供するためには必要なことと捉え参加したいです。」
NG例
「できれば土日休み希望です。頻繁にあるわけではないのなら多少の残業なら大丈夫です。」
 
土日に出勤できることや残業に対応できることを伝えましょう。仕方がないというニュアンスだと、やる気がないのでは?と判断されかねません。できるだけ積極的な姿勢を見せましょう。

 
 

最後に何か質問はありますか?

大抵の面接では最後に逆質問を求められます。このことを想定していくつか逆質問を用意しておきましょう。
 

OK例
  「キャリアアップ例を教えて頂けますか?」
  「サロンを利用されるお客様の層や特徴を教えてください。」
  「研修はどういった内容になりますか?」
NG例
  「残業はしなくてはいけないのですか?」
  「ノルマを達成できないとどうなりますか?」
  「特にありません。」

 
仕事への意欲を感じられる逆質問や面接官が答えやすい内容が良いでしょう。NG例はネガティブな内容、ストレートすぎる聞き方は良くありません。その場合は聞き方を変えて、「残業する時はどんなことを行いますか?」や「ノルマを達成するためのコツややるべきことはありますか?」など不快に感じにくい聞き方が◎
 
 

2、エステティシャンの面接でよく聞かれる質問一覧

【エステティシャン】面接でよく聞かれる質問集とその対策
 

わかりやすく、簡潔にまとめる

面接の受け答えをする時には、わかりやすく簡潔に意見を述べることが重要なポイントです。だらだらとまとまりのない話を続けていると、何が言いたいのかわからず伝わりません。
そうならないためには、要点をおさえて面接官が内容をすぐ理解できるような回答を意識しましょう。あらかじめ伝えたいことを箇条書きにして書き出し、それらをつなぎ合わせて答えるようにするとまとまりのある回答になります。
 
 

具体的な内容にする

わかりやすさを表現するには具体的なエピソードを盛り込むと良いでしょう。学生時代の経験やアルバイトで身に付いたスキルなど、イメージしやすい内容を話すのが理想的な受け答えの仕方。
「いろいろ」や「さまざま」などは良く使いがちですが漠然としているため具体的な例を挙げて答えた方が伝わります。また「頑張ります」という言葉も、頑張るのは当然なので何をどのように頑張るかを付け加えると具体性が増します。
 
 

目を見てハキハキ話す

緊張すると目が泳いでしまったり小声になってしまう人も多いことでしょう。ですが面接では堂々とした受け答えをする方が信頼感を得られます。
面接官の目をしっかり見てハキハキと話すことを意識すれば、それだけでも好感度はアップ。緊張している時こそ、落ち着いてはっきり話すことを意識してみてください。
 
 

3、まとめ

【エステティシャン】面接でよく聞かれる質問集とその対策
 
面接を成功させるにはあらかじめどんなことを聞かれるかを予想して、その質問に適した答え方をするようにしましょう。エステティシャンとして輝かしい毎日を過ごすためにも、働きたい意欲や自主性が伝わるような受け答えが理想です。