エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

エステティシャンを目指す人はチェックしたい勉強方法について

エステティシャンを目指す人はチェックしたい勉強方法について
 
エステのお仕事は美に関する職業の中でも人気のある職種で、また女性が活躍できる仕事ということもありエステティシャンに憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか?そんなエステティシャンには専門的な知識や技術が必要な仕事です。その知識はどのようにすれば身に付くのか、エステの勉強をするための方法をご紹介します。

 


 

 

1、エステティシャンに必要な知識とは?

 

理論

まずエステティシャンは肌の構造やメカニズムについて知っておく必要があります。お客様の肌に直接触れて施術を行うため、肌の知識はしっかり学ぶ必要があります。そのほかにも栄養学や生理学、化粧品の知識も習得することがエステティシャンには求められると言えるでしょう。
 
 

技術

エステティシャンになるには技術を学ばないことには、お客様への施術を行うことができません。エステの技術は、フェイシャル・ボディ・脱毛・リンパドレナージュといったジャンルがあり、一通りの知識や技術は得ておく必要があります。ハンドエステからマシンを使用したエステまで施術方法も様々あるため、ニーズに応えられるような技術をマスターできると良いでしょう。
 
 

接客

エステに関する知識や施術のスキルと同じくらい大切なこと、それが接客です。接客マナーを身に付けているかどうかで、エステティシャンの質が問われるほど重要な部分となります。エステの前に行うカウンセリング、予約・問い合わせの電話対応、お客様との接し方や立ち振る舞いまで、接客をする上でのあらゆる知識も必要となるでしょう。

 
 

2、エステの知識を学ぶ方法

 
エステの知識を学ぶ方法はいくつかあります。「これをしないとエステティシャンになれない」ということはないため、自分に合った学び方をすることが◎
それぞれのメリット・デメリットと共にチェックしていきましょう。
 
 

スクールに通う

<メリット>
・正しい知識や技術が身に付く
・わからないことをすぐに聞くことができる
・仲間ができる
・人脈が広がる
 
<デメリット>
・費用がかかる
・時間がかかる
・働きながら通うのは難しい
 
スクールに通ってエステの勉強をすれば、基礎的なことから学べたり正しい知識を得ることができます。スクール仲間ができたり講師の人脈を伝って仕事先を紹介してもらえることもあるかもしれません。
その反面スクールに通うのは費用がかかったり、1年間通わなくてはいけないなど時間がかかってしまう点がデメリット。時間と金銭面の余裕を持って通うことが望ましいでしょう。

 
 

独学で学ぶ

<メリット>
・自分のペースで学べる
・費用が抑えられる
・主婦や仕事をしている人にとって両立しやすい
 
<デメリット>
・間違った知識を得ることがある
・挫折しやすい
・技術面を学ぶことが難しい
 
自分の好きなタイミングで好きな時間だけ勉強ができる、独学。専門書や通信講座などを利用し、マイペースに学べるので忙しい人や子育て中のママにオススメの勉強方法です。
ただ自分次第ということはその分挫折をしやすいのも現実です。また間違った知識を得てしまうことも。一人で勉強するにはそれなりの覚悟ややる気が必要と言えるでしょう。

 
 

入社して研修を受ける

<メリット>
・一からエステのノウハウを学べる
・実践形式なので知識や技術を早く習得できる
・給料が発生する
・同期仲間ができる
 
<デメリット>
・サロン独自の方針や施術方法を学ぶため知識が偏ってしまう
・ライバルがいることでプレッシャーや焦りを感じる
・短期間で学ぶことが多いため大変
 
エステティシャンを目指す人で一番多いのが、入社をして研修を受けて学ぶ方法。もしスクールや独学である程度エステの知識があったとしても、入社する際には研修を受けることが求められます。
そのため全く知識がない人・知識がある人に関わらず、どのサロンにも研修期間が設けられているので、集中してエステの知識や技術を学べます。また研修といっても給料が発生するのもうれしい点です。
デメリットは、仲間は言い換えればライバルということにもなるので、自分だけできないことやわからないことがあると不安やプレッシャーを感じることもあるでしょう。サロン独自のマニュアルに沿って学ぶため、内容によっては偏りがあることも。
 

 
 

アシスタントから始める

<メリット>
・アシスタント業務からエステの仕事内容を知ることができる
・難しいことを求められない
・エステティシャンになるか迷っていてもエステの仕事に携われる
 
<デメリット>
・根気ややる気が必要
・雑用が多い
・ステップアップするのに時間がかかる
 
アシスタントや受付スタッフを募集しているサロンもあります。エステティシャンに向いているかわからない人や迷っている人は、アシスタントとして働いて、エステの仕事に携わることから始めてみてもいいかもしれません。お客様への施術はしなくても、間近でその様子を見ることができるので刺激をもらえるでしょう。
デメリットは雑用が多いため根気が必要になります。またアシスタントを経て、いざエステティシャンを目指したいと思ってもサロンの制度によっては思うようにステップアップできないこともあるので、事前に確認しておくと◎
 

 
 

3、まとめ

 
エステティシャンを目指す人はチェックしたい勉強方法について
 
エステティシャンになるには知識や技術が必要になりますが、その勉強方法は様々。自分に合ったやり方を見つけることが挫折をせずに学ぶポイントです。
真面目に勉強をしてたくさんのことを吸収すれば、いつかエステティシャンとして働き始めた時に必ず役に立ちます。実際にお客様と関わっていく中で学ぶこともあるので、いつまでも学ぶ姿勢でいることが最高のエステティシャンになる秘訣と言えるでしょう。

 
 

 

【エステ・ネイル・まつエク、他】入社が決まったら1万円のお祝い金プレゼント!