エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

エステティシャンを目指すなら知っておきたいエステティシャンの職種と業種について

エステティシャンを目指すなら知っておきたいエステティシャンの職種と業種について
 
エステのお仕事はカウンセリングや施術を行って、お客様を美しくする役割がありますが、一体どの業種に当てはまるのでしょうか?またエステティシャンの仕事をさらに細かくすると様々なジャンルに分けることができます。
エステティシャンを目指す人ならぜひ知っておきたい、業種と職種についてまとめました。

 


 

 

1、エステティシャンの業種は?

 
日本標準産業分類によると、エステティシャンの業種は「生活関連サービス業・娯楽業」のカテゴリになります。その中にエステティック業があり、事業内容としては「手技又は化粧品・機器等を用いて人の皮膚を美化し、体型を整えるなどの指導又は施術を行う事業所」と定められています。
難しい表現ですが、エステティシャンの手や美容機器を用いて施術を行い、お客様の肌の改善やケアをすることが主な仕事内容ということになるでしょう。
またエステティック業とよく似たリラクゼーション業がありますが、こちらは「手技を用いて心身の緊張を弛緩させるための施術を行う事業所」となっていて、あくまでもリラクゼーションを目的とした施術を行うため、この部分がエステティック業との違いということになります。

 
 

2、エステティシャンの職種は?

 
ひとくちにエステティシャンと言っても、業務内容は多岐にわたります。まずエステの種類は、フェイシャル、ボディケア、脱毛に分けられ、サロンよって取り扱う内容は異なります。
 
「フェイシャル」…主に顔の保湿や美白ケアを中心として、エイジングケアやたるみ改善を目的とした施術を行います。
 
「ボディケア」…ハンドエステや美容機器を使用して、痩身や肌のケアを行います。
 
「脱毛」…エステティシャンが行えるのは美容脱毛で、専用のマシンを使って肌に光を照射する脱毛方法です。
 
これらの内容はトータルでケアができるサロンもあれば、一つのジャンルに特化したサロンもあります。また最近ではメンズ専門のエステや、ブライダル向けの施術を行うサロンもあり、エステは様々なニーズがあるといえるでしょう。
エステティシャンの主な仕事内容は、お客様への施術が基本ですが、それ以外にもカウンセリングや化粧品の販売、サロンワークなどの事務作業も行います。

 
 

3、適した職種探しのポイント

 
エステティシャンを目指すなら知っておきたいエステティシャンの職種と業種について 

経験やスキルを活かす

仕事を長く続けるためには自分に合った職種であることがベストです。そのためにはまず自分の経験やスキルで活かせることがないかをチェックしてみましょう。
エステティシャンは専門的な知識や技術が求められるため、学校や専門学校で美容について学んだ経験がある人は非常に有利になります。エステティシャンを養成するコースではなくても、肌の知識や美容にまつわる勉強をしたことがあれば、エステティシャンとして活かすことができるでしょう。
もしそのような経験がなくとも、飲食店での接客経験やアパレルなどで販売経験がある人もエステティシャンの仕事に活かすことができます。エステティシャンにはコミュニケーション能力が必要になるため、それらの仕事で培ったスキルは業種が変われど役立てることができるはずです。
 

自分の強みや性格を分析

どの仕事を選ぶ時にでも共通していえることですが、職種探しをする際には自分の強みや性格を分析することが大切です。エステティシャンの場合、「人と話すことが好き」「向上心がある」「コツコツと努力することができる」「体力に自信がある」という人は適性があるでしょう。不器用で技術面に不安があったり全くの未経験だとしても、これらの要素があればエステティシャンとしての素質があるといえます。
自分の強みとなる部分や性格を客観的に分析し、どの部分が志す職種に適しているかをしっかり見極めるようにしましょう。そのことがエステティシャンとしての道を切り開くきっかけとなります。

 
 

4、まとめ

 
エステティシャンを目指すなら知っておきたいエステティシャンの職種と業種について
エステティシャンの業種と職種についてご紹介しました。エステの仕事はお客様に施術を行うことからサービス業に値するため、おもてなしの精神を持って接することが求められる職業です。
自分の適性をチェックして、理想の働き方ができる環境を見つけましょう。

 
 
\入社が決まった方に/
採用課金