エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

エステティシャンが持っておきたい必需品とは?

エステティシャンが持っておきたい必需品とは?
 
どの職業でも仕事をする上で欠かせないアイテムがありますが、エステティシャンの場合はどのようなものが必要となるのでしょうか?また持っておくと便利なものも知りたいですよね。
ここでは気になるエステティシャンの必需品についてまとめました。

 


 

 

1、施術時の必需品とは

 

制服

エステティシャンは私服ではなく、ほとんどが制服を着用して勤務しています。サロンによっては制服がないこともありますが、その場合はカラーが統一されていたり指定された服装があるため、普段着で施術を行うことなどはほぼありません。
エステティシャンになったらまずは制服を身につけ、清潔感のある身だしなみを整えてから施術をするようにしましょう。

 

タオル

施術の時になくてはならないものはタオルです。ベッドの上で使用するタオルや拭き取る際にもタオルが必要となるので、様々なサイズのタオルを何枚も用意しなくてはいけません。タオルはお客様の肌に直接触れるものなので、触り心地が良いもので清潔なものを使用するようにしましょう。
個人経営や小規模なサロンの場合、タオルはエステティシャン一人一人で管理するように求められることもあるため、使用済みタオルはその日のうちに洗濯して、施術時には新しいタオルを準備することが必要です。

 

アルコール(マスク、フェイスシールドなど)

昨今の社会情勢により、今まで以上に意識しなくてはいけないことは衛生面や感染症予防に関して。施術の前には必ずアルコール消毒をして、お客様にも促す必要があるでしょう。
またサロンによっても方針は異なりますが、施術時にはマスクを着用するかフェイスシールドを用いる場合もあるので、忘れずに準備するようにしましょう。

 

カルテ

お客様の情報や施術内容などが記されたカルテ。カウンセリングシートと呼ぶこともあります。カルテは施術前に目を通すため、施術をしながら使うことはなくても何か確認するべきことがあった時に必要になります。
ミスを防ぐためやお客様とのコミュニケーションを図るためにも、カルテは大切な必需品の一つです。

 

道具類

施術で使用する様々な道具類も必要となります。例えばクリームやパックを塗るときに使うスパチュラや刷毛、ボウルなどは必須アイテムです。他にもコットンやラップ、ペーパーショーツなどの細かな備品も施術の際には必要となるでしょう。
施術内容によって必要なものは違うので、施術中に不備がないように確認してから行うようにしなくてはいけません。

 
 

2、どういうところがお客様に見られる?持っておくと便利なものは?

 
エステティシャンが持っておきたい必需品とは? 

ハンドクリーム

エステティシャンは手荒れに悩む人も多く、ハンドクリームを常備してケアをするようにしています。ただ施術の時に使うのは避け、施術が終わった時や水仕事の後に使うようにしましょう。香り付きは匂いが残ってしまうので、無香料が適しています。

 

ゴム手袋

エステティシャンは施術以外にも、事務作業や水仕事をする機会も多い仕事です。特に水仕事の時には肌荒れをしやすい状態になるため、ゴム手袋をして作業をするエステティシャンもいます。エステティシャンとして自分自身のケアを怠らないようにすることも忘れてはいけません。

 

メイクポーチ

服装以外にも見られているのは、メイクや髪型です。エステティシャンはお客様から憧れられる存在でもあるため、参考になるメイクや好印象を与える髪型を意識しましょう。
サロンによって身だしなみに関する規定やマニュアルがあることが多いので、それに基づいた身なりを整えるようにしましょう化粧品の取り扱いをしているサロンではエステティシャンが販売をすることもあります。そんな時、自分のメイクが崩れていては説得力がありませんよね。
そのため施術の前後にはメイク直しができるよう、メイクポーチを持参するようにしておきましょう。さっと持ち運べるように、コンパクトにまとめたメイクポーチがおすすめです。

 

爪やすり

お客様の肌に触れて施術を行うエステティシャンは、爪は短くしておくことが基本です。爪が長かったり欠けていてはお客様の肌を傷つけてしまう恐れもあるため、こまめに手入れをしておきましょう。
勤務中に気になった時にすぐ使えるよう、爪やすりを持っておくと便利です。メイクポーチの中に一緒に入れておくと◎。

 
 

3、まとめ

 
エステティシャンが持っておきたい必需品とは? 
施術時で使うために必需品となるアイテムや、持っておくと便利なものをご紹介しました。お客様に快適に過ごしてもらうために入念に準備をすることは基本ですが、自分自身もストレスなく働くために必要なアイテムがあると安心できますよね。
ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。

 
 

\入社が決まった方に/
採用課金