エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

ブランクがあっても大丈夫?美容師へ復職するには

将来性はある?美容師のキャリアアップや働き方って?
 
美容師はアシスタントとして下積み期間があったりスキルアップのための勉強をし続けることが必要ですが、将来性についてはどうなのでしょうか?歳を重ねても美容師として働くことができるのか気になる点ですよね。
そんな美容師の将来性やキャリアップについて、また福利厚生の有無などを解説します。

 


 

 

1、美容師に復職はできる?

 
美容師のブランクがあると、復職できるのか不安になると思います。ですがブランクがあったとしても美容師免許さえあれば、再び美容師として働くことは可能です。これまでの経験や身に付けたスキルなどをアピールすれば、復職することができるでしょう。
ただ美容業界は流行の移り変わりが早く、最新の美容技術も次々と更新されていく業界です。何年か美容師を離れていただけで、自分の知らないことばかりで戸惑ってしまうこともあるようです。復職するにあたって、お客様のニーズに応えるためにも最新のトレンドや技術について調べておくことが求められるでしょう。

 
 

2、美容師に復職するために必要なこと

 
ブランクがあっても大丈夫?美容師へ復職するには 

セミナーや研修に参加する

ブランクがある人が美容師に復職する場合、まずはセミナーや研修に参加をすると良いでしょう。長い間カットをしていないと技術面に不安があったり、やり方を忘れてしまっている可能性もあります。またアシスタントで辞めてしまったような人は、カット経験がない場合もあるでしょう。
そのような人に向けたカット講習を受講したり短期間のスクールに通って、カンを取り戻すことが大切です。復職をする前に技術面の確認をしておく方が、採用にも有利になるでしょう。

 

最新のトレンドを知る

カラーやパーマ、カット技術は日々進歩しており、また時代によって流行も大きく異なります。「自分が働いていた時代と今の時代では、髪型や髪色のトレンドに違いがある」ということも珍しくありません。
そのため復職する際には、最新のトレンドを把握しておくことも大切です。今はSNSでも流行を知ることができるため、どのような髪型が人気なのかを知っておきましょう。その情報をもとにイメージをしたり練習することで、ブランクの不安を払拭することができるでしょう。

 
 

3、復職しやすいサロンの探し方

 
 
ブランクがあっても大丈夫?美容師へ復職するには? 

「ブランクOK」の求人を探す

復職するためには、ブランクがある美容師でも受け入れてくれるサロンを探すようにしましょう。募集要項で「ブランクOK」や「ブランクのある方は相談してください」といったことが書かれているサロンだと安心です。
そのようなサロンでは、ブランクのある人に向けて研修を行なっていたりサポート体制が整っていることが多いもの。技術に不安がある人やブランクが長い人は、復職しやすい環境のサロンを探すようにしましょう。

 

アシスタントからスタートする

スタイリストとして働いた経験があったとしても、ブランクが長いと復職しても以前のように活躍できるか不安にな気持ちになると思います。その場合は無理をしてスタイリストで復職をするのではなく、アシスタントから始めてみるのも良いかもしれません。
慣れるまではアシスタントとして仕事をこなし、徐々に復帰を目指すことを支援する所もあるため、自分のペースで働けるサロン選びも肝心です。

 

女性が働きやすい環境のサロン

女性の美容師は結婚や出産を機に退職する人が多いといわれていますが、最近は子育てや家事をしながらでも働きやすい環境が整っているサロンも増えてきています。そのため育休制度や時短勤務の実績があるサロンなら、主婦や子育てママでも復職がしやすいでしょう。

 
 

4、まとめ

 
ブランクがあっても大丈夫?美容師へ復職するには?
ブランクがあると再び美容師を目指すことはハードルが高いように感じますが、復職する人でも働きやすい環境のサロン選びをすることがポイントです。また自分自身でも復職に向けての技術や知識の再確認をしたり、最新のトレンドを調べるなどの最低限の努力は必要となるでしょう。
美容師へ復職を考えている人はぜひご参考にしてみてくださいね。

 
 

 
 

\入社が決まった方に/
採用課金