エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

エステティシャンになるには?仕事内容・資格など基本的なこと

エステティシャンになるには?仕事内容・資格など基本的なこと


エステティシャンは、「キレイになりたい」と願うお客様の役に立てる仕事です。そんなエステティシャンには、どうすればなれるのでしょうか?
今回は、エステティシャンの仕事にまつわる基本的なことをご紹介します。

 

1、エステティシャンとは

 

エステティシャンになるには?仕事内容・資格など基本的なこと
 
エステティシャンとは、エステティック業を行う人のことです。「日本標準産業分類」によるとエステティック業は、「手技または化粧品・機器を用いて、人の皮膚を美化し、体型を整えるなどの指導または施術を行う事業所をいう」とされています。
エステサロンにも様々な種類があり、フェイシャル、脱毛、痩身、リフレクソロジーなど、これらすべての施術を行っているサロンもあれば、一つのジャンルに特化したサロンもあります。
エステティシャンは施術のテクニックだけでなく、美容にまつわる幅広い知識が求められます。またお客様の美しさを引き出すためには、丁寧なカウンセリングも必要なため、コミュニケーション能力も必須になります。
 
 

2、エステティシャンの仕事内容

 

エステティシャンになるには?仕事内容・資格など基本的なこと
 

施術

お客様への施術は、手技や機器を使用して行います。フェイシャルケアの場合は顔や首を施術し、美白や保湿、しわやたるみの改善、毛穴ケアやリフトアップなどの目的で施術をします。ボディケアの場合は、全身の施術を行うため、痩身やリラクゼーションなどの効果が期待されます。
脱毛の場合は、脱毛専用の機器を使用して肌にライトを照射して施術します。
 

カウンセリング

施術の前に必ず行うことがカウンセリングです。特に新規のお客様には、カウンセリングシートに記入してもらい、肌の悩みや肌質、アレルギーの有無や健康状態を把握します。
カウンセリングをすることで、お客様のなりたい姿を知ることができたりトラブルを未然に防ぐことにもつながるため、コミュニケーションをとりながら丁寧に行う必要があります。
 

化粧品の販売

エステサロンではホームケアアイテムの販売もしているため、スキンケア用品やコスメをお客様に紹介します。お客様に合った商品を提案したり、使うことによるメリットを説明します。
ただ「エステ=押し売りが強い」といったネガティブなイメージを抱いているお客様も少なくありません。あくまでも提案をする形で、強引な販売はしないように注意します。
 

その他のサロンワーク

エステティシャンはお客様対応以外にも、様々なサロンワークを行います。施術で使用したリネン類の洗濯や器具の消毒、サロン内の清掃、化粧品の在庫管理などの業務があります。
またお客様への営業活動として、DMの発送やブログの更新などを行うことも。施術の予定がない時間帯に効率よく業務を行う必要があります。
 
 

3、エステティシャンに向いている人

 

エステティシャンになるには?仕事内容・資格など基本的なこと
 

美容に興味がある人

エステティシャンは「美のプロフェッショナル」という立場です。日頃から美容やメイクに興味があり、新しい美容法やコスメを試すことが好きな美意識の高い人は、エステティシャンに向いています。
キレイになることへの興味や向上心がある人は、エステティシャンとして活躍できるでしょう。
 

コミュニケーション能力がある人

エステティシャンはお客様との信頼関係がないことには、リピーターを獲得することはできません。そのためには丁寧なカウンセリングや施術中の会話など、お客様との関わり方が重要になるので、コミュニケーション能力が必要になります。
 

人の役に立つ仕事がしたい人

お客様の美しくなるためのサポートをしたり、施術を通して肌や体型がキレイになる変化を見ることができるのは、エステティシャンのやりがいを感じる部分といえます。エステティシャンは人の役に立つ仕事がしたい人にぴったりの職業です。
 
 

4、エステティシャンになるには資格は必要?

 

エステティシャンは資格がなくてもOK

エステティシャンは専門的な知識や技術を要する仕事なので、「資格が必須なのでは?」と思う人も多いと思いますが、実はエステティシャンは資格がなくても働ける仕事です。
エステティシャンは入社したサロンで研修を受けることで、働くことが可能です。専門学校やスクールに通ってエステに関する勉強をすることもできますが、ほとんどの人が未経験からスタートしているので、エステティシャンになりたい気持ちがあれば、誰でも挑戦することができます。
 

エステティシャンに関する資格の種類

エステティシャンに資格は必須ではありませんが、民間の資格はいくつかあります。資格を持っていると採用に有利になったり自分の実力をアピールすることができるので、取得を目指すエステティシャンも多くいます。
そんなエステティシャンの資格の種類をご紹介します。
 

「一般社団法人 日本エステティック協会」

日本における健全なエステティックの普及と発展を目的として1972年に設立された、エステティシャンの養成、教育、資格認定、関連団体との連携等の事業を展開するエステティシャンの職能団体
 

AJESTHE 認定エステティシャン

<概要>
基本的な知識・技術をもち、担当範囲のエステティックサービスを適切に提供できる能力を有するエステティシャンに与えられる資格
 
<受験資格>
・エステティシャンセンター試験に合格、協会認定校での300時間以上コースまたは1000時間以上コースの修了、または実務経験1年以上
 
<試験内容>
【筆記試験】
・マークシート方式(出題数100問)
 
【技術確認試験】
・フェイシャル手技
・ボディ手技
 
<費用>
・10,560円(エステティシャンセンター試験)
 
*日本エステティック協会
 
 

AJESTHE認定上級エステティシャン

<概要>
専門的な知識・技術を有し、お客様ニーズに応えるエステティックサービスを提供することで店舗・サロンの利益やお客様満足を実現できる能力を有するエステティシャンに与えられる資格(AJESTHE認定エステティシャンの上位資格)
 
<受験資格>
・協会認定校にて1000時間以上コースまたはCIDESCO国際認定校コースを修了し、筆記試験・技術試験(認定校試験)に合格
・AJESTHE認定エステティシャン資格取得後2年以上、または通算5年以上の実務経験を有し、筆記試験・技術確認試験に合格
 
<試験内容>
【筆記試験】
・マークシート方式(100問)
 
【技術確認試験】
・フェイシャル手技
・フェイシャル機器
・ボディ手技
・ボディ機器
・メイク
・ネイル
 
<費用>
・筆記試験:11,000円
・技術確認試験:22,000円
 
*日本エステティック協会
 
 

AJESTHE認定トータルエステティックアドバイザー

<概要>
エステティックを総合的に深く理解し、お客様に求められる実践力とサロンでの指導力を有しているエスティシャンに与えられる資格(AJESTHE認定上級エステティシャンの上位資格)
 
<受験資格>
・AJESTHE認定上級エステティシャン資格もしくはCIDESCO資格の取得
・AJESTHE認定上級エステティシャン資格取得後2年以上または通算5年以上の実務経験
・資格取得講座の受講
・資格取得試験の合格
 
<試験内容>
【筆記試験】
・選択式問題(四肢択一、語句選択等)、60分
 
【実技試験】(プレゼンテーション、ロールプレイング試験)
・プレゼンテーション5分、ロールプレイング10分
設定されたテーマより1つを選択し、試験官2名をサロンスタッフと想定し、プレゼンテーションおよびロールプレイングを実践
 
<費用>
・33,000円(資格取得講座および受験料)
・11,000円(資格認定登録料)
 
*日本エステティック協会
 
 

「一般社団法人 日本エステティック業協会」

1987年に「全日本エステティック業連絡協議会」として設立され、今年で35年目を迎える。2003年からスタートした「AEA認定エステティシャン養成制度」のもと、高水準の技術と知識、ホスピタリティー・マインドを保有するエステティシャンの教育と育成に努めている。
 
 

AEA認定エステティシャン

<概要>
基礎知識と技術を持ち、禁忌や注意事項を理解し安全な技術提供ができるエステティシャン
(キャリアスタートレベル)
 
<受験資格>
・エステティックに関連する実務経験(フェイシャルまたはボディ)が1年以上ある方
・協会認定校で300時間以上履修コースを修了した方
 
<試験内容>
【筆記試験】
・マークシート方式(出題数100問)
・70点以上の得点で合格の判定
 
【技術力確認試験】(モデル同伴)
・フェイシャル手技
・ボディ手技
 
<費用>
・筆記試験:10,560円
・技術力確認試験 13,640円
 
*日本エステティック業協会
 
 

AEA上級認定エステティシャン

<概要>
フェイシャルとボディの総合的な知識と技術を持ち、エステティックトリートメントを技術的に熟知しているエステティシャン(サロンの中核として実践的に活躍できるレベル)
 
<受験資格>
・フェイシャルまたはボディに関して 2 年以上の実務経験を有する方
・AEA認定エステティシャン資格または他団体の同等の資格以上を取得後、フェイシャルまたはボディに関して、1年以上の実務経験を有する方
・AEA認定校カリキュラム 1,000時間以上を修了し卒業後3年以内の方
 
<試験内容>
【筆記試験】
・マークシート方式(出題数100問)
・70点以上の得点で合格の判定
 
【実技試験】(モデル同伴)
・フェイシャル手技
・ボディ手技
・口頭試問
 
<費用>
・筆記試験:14,300円
・実技試験:17,600円
 
*日本エステティック業協会
 
 

AEA認定インターナショナルエステティシャン

<概要>
多くの技術経験の上で技術的にも理論的にも熟知し、幅広い視野と柔軟な対応力で様々なコース提案ができ実践できるエステティシャン(技術や理論的な面でフォローし人材育成ができるレベル)
 
<受験資格>
・AEA上級認定エステティシャン資格取得後、フェイシャルまたはボディに関して、2年以上の実務経験を有する方
・AEA上級認定エステティシャン資格を保有し、フェイシャルまたはボディに関して、通算3年以上の実務経験を有する方
・「認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)」
「CIDESCOインターナショナルディプロマ」
「ITECビューティーセラピスト」
「INFAゴールドマスター国際パスポート」
「ICAMアドバンストレベル2ビューティシャン」
のいずれかを保有し、フェイシャルまたはボディに関して、通算3年以上の実務経験を有する方
 
<試験内容>
【筆記試験】
・マークシート方式(出題数100問)、記述式(出題数20問)
・80点以上の得点で合格の判定
 
【実技部門】(モデル同伴)
・フェイシャル手技
・ボディ手技
・口頭試問
 
【コンサルテーション部門】
・コンサルテーション
・プランニング
・プレゼンテーション
 
【小論文】
・エステティックに関するテーマから出題(800字程度・当日提出)
 
【面接】
・フェイシャル、ボディ、関連法規、衛生消毒、救急法、運動生理学、小論文に関する質問
 
<費用>
・筆記試験:17,600円
・実技試験:27,500円
 
*日本エステティック業協会
 
 

5、エステティシャンになるには

 

独学で学ぶ

エステティシャンになるためには、独学で学ぶことも可能です。エステや美容に関する書籍を読んだり、協会認定校の通信講座を受講して自宅で勉強する方法もあります。この場合はスクーリングの期間もありますが、働きながらエステティシャンを目指したい人や主婦やママにとっては、学びやすい方法です。
 

専門学校で学ぶ

美容専門学校やエステティシャン養成コースがある専門学校に通うと、基礎的な知識から幅広い美容の知識を学ぶことができます。エステティシャンに限らず美容業界全体を視野に入れて就職を考えている人や、様々なことを学びたい人に向いています。
専門学校に通うと採用に有利になったり、就職サポートも行っているため、時間と金銭的な余裕があれば専門学校に通うのも一つの方法です。
 

実際に働いて学ぶ

エステティシャンに関する知識や経験がゼロでも、実際に働きながら学ぶことができます。そんな未経験者は、まず研修を受けてスタートします。お客様の前に出ても恥ずかしくない程度までのレベルになったら、働きながらエステティシャンの仕事のノウハウを吸収していくことで、さらにステップアップができます。
早くエステティシャンになるには、この方法が一番最適かもしれません。
 
 

6、研修内容と一人前への道

 

エステティシャンの研修内容は、
 
・ビジネスマナー、接客マナー
・カウンセリング
・美容に関する基礎知識
・施術の手技や機器の取り扱い方
・スキンケアの知識
・商品知識
・クレーム対応
 
などのレクチャーを受けます。サロンによっては独自の研修を行っていることもあり、研修期間にも差がありますが、一人前のエステティシャンになるための第一段階になるので、真面目に取り組むことが大切です。
 
 

7、求人選びの基準は?

 

エステティシャンになるには?仕事内容・資格など基本的なこと
 
エステティシャンの求人選びのポイントは、「研修制度」「職場の雰囲気」「給料や待遇」「キャリアアップ」をチェックするようにしましょう。
研修はほとんどのサロンで取り入れていますが、未経験者でも安心してスタートできるような研修制度が整っているのか、事前に確認するようにしましょう。
職場の雰囲気は、求人サイトの募集ページやサロンのホームページ・SNSを見てみましょう。もし可能であればお客さんとして利用してみるのもいいかもしれません。全てを把握することは難しいですが、なんとなく自分に合いそうな雰囲気かどうかを応募前に見極めるようにしましょう。
また働く上で重要になるのが、給料や待遇、キャリアアップについてです。エステティシャンとして長く働き続けたいのであれば、給料や待遇が良く、キャリアアップを目指せる環境がベストです。
 
 

8、まとめ

 

エステティシャンになるには?仕事内容・資格など基本的なこと
 

エステティシャンになるためのハードルは高くありませんが、専門的な知識や技術が必要な仕事なので、やる気がないことには長続きしません。美容が好きでエステティシャンの仕事に憧れがあるなら、その気持ちをモチベーションにして頑張ることができるはず。ぜひご参考にしてみてくださいね。