エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

エステティシャンとしていつまでも活躍し続けたい!子育てとの両立や定年について

エステティシャンとしていつまでも活躍し続けたい!子育てとの両立や定年について


 

 
 

1、エステティシャンって産休は取れる?子育てとの両立について


事前に産休・育休制度をチェック

エステティシャンは子供がいると働くのが難しそうなイメージが強く、出産を機に退職したりエステティシャンという職業を目指すこと自体、諦めてしまうことも少なくありません。でもママでもエステティシャンとして活躍することは可能です。
 
ポイントは、産休・育休制度が整っているかどうか。最近はどんな企業でも当たり前となってきているので、エステティシャンの仕事でももちろんこの制度が適応される所がほとんどだと思います。
 
ただ子育てとの両立を目指すなら、もっと踏み込んだ内容までリサーチしておくと良いでしょう。具体的な期間や、育休期間を延長することはできるのか、過去に取得した方の実例なども尋ねて、その職場の待遇やサポートしてくれる範囲まで明確にしておくと安心です。

 
▼関連する求人をCHECK!
育休・産休制度が充実のエステ求人一覧

 

時短勤務

産休や育休を問題なく取得できたとしても、肝心なのは復帰後の働き方。いざ復帰をしたものの、職場の環境が子育てに対しての理解が少ないと、両立して働くことが難しくなります。
 
エステティシャンという仕事柄、どうしてもお客様のスケジュールが第一となり、それに合わせた勤務になるため土日出勤や夜遅めの時間帯になることも考えられます。でも子育てをしているとそうもいかないのが現実。
 
そのため、平日出勤で時短で働けるかを確認しておきましょう。また子供の行事や病気による急な休みやお迎えなどにも、柔軟に対応してくれる職場が理想です。全力でサポートしてくれるような働きやすい環境は、ママにとって何よりも重要視したいことですね。

 
▼関連する求人をCHECK!
1日4時間~のお仕事も◎エステ求人一覧

 

周囲の協力

職場のサポート以外にも、家族の協力も必要となります。基本は平日の勤務であっても、混み具合やお客様の予定に応じて土日出勤となることも考えられます。そのような時に夫や両親など、家族にも協力してもらえるように、あらかじめ理解を得ておくと良いでしょう。
 
エステティシャンと子育てを両立するには、一人だけで頑張ろうとするのではなく、周囲にも協力してもらうことが長く続ける秘訣と言えます。

 
 

2、いくつになっても活躍したい!エステティシャンに年齢制限や定年はある?


いくつになっても活躍したい!エステティシャンに年齢制限や定年はある?

特に年齢制限はナシ

手に職をつけたのだから、せっかくなら長く働ければと思いますよね。そんなモチベーションの高いエステティシャンの方が気になるのが、年齢制限や定年があるのかどうかということ。
 
基本的に年齢制限は設けられておらず、定年がない職場も多くあります。また再雇用制度がある企業も存在します。ただ一般的に働く年齢層としては若い女性が多いと言われています。その理由としては、華やかな印象を受けるエステティシャンですが実は体力勝負な面もあり、年齢を重ねるにつれて体に負担がかかりやすくなることから退職をする方も多いのです。
 
それらのことをふまえた上で、年齢と上手に付き合いながら働くようにすればエステティシャンとして活躍し続けることは可能です。もしくは、お客様への施術ではなく、店長やマネージャーなどの運営管理やエステティシャンの育成などに携わることも一つの道。豊富な経験を生かして、ベテランとしての技術や実績を、存分に発揮してサポートするという働き方にシフトしてしていくこともできるのです。

 

独立をする

ある程度エステティシャンとしての技術が身に付いてきたら、独立をするという方法もあります。自宅サロンを開業して自分のペースで好きなエステの仕事を続けられるので、とても魅力的ですよね。開店資金が必要になったり、全て自分でやらなくてはならない責任は伴ないますが、年齢を気にせず自分の時間と向き合いながら続けることが可能になります。
 
自宅サロンは子育て中のママにも働きやすい環境といえるので、エステティシャンとしての自信が持てるようになったら、チャレンジしてみるのはいかがでしょうか。独立支援をサポートしてくれる企業や、ノウハウを教えてくれるスクールに行って学ぶことがおすすめです。

 
▼関連する求人をCHECK!
独立支援制度ありのエステ求人一覧

 
 

3、まとめ


エステティシャンとしていつまでも活躍し続けたい!子育てとの両立や定年について まとめ
エステティシャンは若い独身の女性しかできないというイメージが少しは払拭できたことかと思います。ママになっても制度を利用すれば子育てとの両立が可能であったり、年齢を重ねたとしてもその分働き方の幅が広がるため、長く活躍することができるのがエステティシャンの魅力です。
 
女性としてのライフスタイルと、エステティシャンの仕事をどちらも諦めることなく両立させて、生涯輝かしい女性でい続けたいですね。