エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

エステティシャンに求められるのは知識と技術とコミュニケーション能力!スキルアップの秘訣とは?

エステティシャンに求められるのは知識と技術とコミュニケーション能力!スキルアップの秘訣とは?


 

 
 

1、エステティシャンに必要な知識とは?


肌の構造やからだの仕組み

エステティシャンに求められる知識としてまず覚えておきたいことが、肌の構造やからだの仕組みについて。「肌は何層になっていてそれぞれの役割とは何か?」や「ターンオーバーの周期」など、肌の構造から学んでおく必要があります。
それらのことを把握していないとお客様に正しい説明ができなかったり、誤解を招く説明をしてしまうことになりトラブルにもつながります。基本的な肌の構造についてはエステティシャンとして、しっかり勉強して知識をつけておかなければなりません。
 
また肌以外にもからだの仕組みについても知っておくことが求められます。血液やリンパの流れや細胞についてなどの生理学と呼ばれる分野にまで、多岐にわたって知識をつけておくこともエステティシャンにおいて重要な役割。
理想を手にするにはまず基本を知っておくこと。人を美しくするにはそういったさまざまな部分からアプローチをすることになるため、エステティシャンには必須の知識と言えるでしょう。

 

女性の「美」にまつわること

エステティシャンは主に外見をキレイにすることが役割ではありますが、女性の美にまつわることに関してはトータルで知識をつけておくことが必要です。そのためにはダイエットのメカニズム、メイクやファッション、最新の美容法にいたるまで、幅広いジャンルに興味を持って常に情報を集めておくようにしましょう。
”女性をトータルで美しくしたい”という思いを持っていることが、エステティシャンには欠かせないことでもあります。

 

自社商品の成分や使い方

多くのエステサロンにはその会社や店のオリジナルの商品を扱っているところが多いです。スキンケアやボディクリーム、コスメなどの自社商品は、そこで働くエステティシャンとしてなら成分や使い方を堂々と自信を持ってご紹介できるくらい、知識をたたき込むようにしておきましょう。
 
「美容液に含まれる美容成分がどういったもので、どんな効果をもたらしてくれるのか?」などの知識はお客様に説明をする際に必要なことで、購買意欲を促すきっかけにもなることです。そのためには事前に自分でも試してみて、使用感や効果を実際に感じることも大切。
知識を得るには自分で試さなくてはオススメすることもできないので、必ずやっておきたいことです。
 
またお客様の方から他社の商品について聞かれたりすることもあるので、自社のみならず他社の商品の知識もつけておくとより説得力のあるエステティシャンになれるでしょう。

 
 

2、エステティシャンに必要な技術とは?


エステティシャンに必要な技術とは?

ハンドエステ

エステティシャンにおいて技術は絶対に求められるスキル。特にハンドエステはエステティシャンのテクニックがよくわかります。お客様に直接触れて行う施術なので、しっかりと技術を身に付けないと施術に入れません。そのため研修以外にも、家族や友人に施術の練習台になってもらい技術を向上させる方も多いようです。
お客様によって心地良さの感じ方に差はあるので、そのお客様の好みの力加減などの調節もいずれできるようになると、プロのエステティシャンとして誇りを持てる技術をマスターしたと言えるかもしれませんね。

 
▼関連する求人をCHECK!
ハンドエステの求人一覧

 

機械の使い方

ハンドエステのみならず、機械を用いて施術を行うサロンもあります。脱毛や痩身などのエステは専用の機械を使うことが多いので、そうすると機械を正しく取り扱えなくてはいけません。
ハンドエステのような自分自身のスキルが求められるというよりかは、機械のしくみや使い方、注意しなくてはいけないことまで知っておく必要があります。機械を使うので効果は感じられやすいですが、逆に間違った使い方をすると本来得られるはずの効果が感じられなくなります。
なかには痛みを感じやすいものもあるので、お客様の反応を気にかけたり、コミュニケーションを取りながら施術をすることも意識して行うようにすることが大切です。

 
 

3、エステティシャンに必要なコミュニケーション能力とは?


エステティシャンに必要なコミュニケーション能力とは?

丁寧な対応

エステに来られるお客様に共通することは、美しくなりたい気持ちと癒しを求めていること。そんなお客様に満足してもらうためには、丁寧な対応を心掛けるようにしましょう。
初めてのお客様の場合、緊張している方も多いために言いたいことを言い出せないということもあります。そんな時にはその様子を察知して、こちらからお声かけをしたり細やかな気配りを忘れないようにしてください。
施術はもちろんのこと、それ以外の場面での丁寧な対応もプロフェッショナルでいることが、エステティシャンには求められます。

 

聞き上手

エステティシャンがお客様とのコミュニケーションをとることは、信頼関係を築くためにとても重要なことです。そのため何気ない世間話から美容のことまで、お客様と楽しく会話をすることが必要になってきますが、あくまでも聞き上手な姿勢でいることを忘れないようにしましょう。
コミュニケーションをとることを意識しすぎるがあまりつい喋りすぎてしまい、お客様が聞く側になってしまっては適したサービスを提供できているとは言えません。エステはお客様に心地いい気分になってもらう場であるので、聞き上手に徹することがエステティシャンとして身に付けたい能力と言えます。

 

積極性

お客様との会話では一歩引いた聞き上手でいることが望ましいですが、かといって消極的になる必要はありません。エステティシャンはエステの魅力や美しくなることの素晴らしさを自信を持ってお伝えする仕事であるために、積極性を持ち合わせていなくてはいけません。
新規の顧客獲得を目指したイベントなどでは、お声かけをしたりチラシを配ったりして積極的にアピールをしましょう。積極性のあるエステティシャンは堂々とした印象になり、お客様からも安心できる存在にうつります。

 

提案力

お客様とコミュニケーションをとる時には提案力があると良いでしょう。スキンケアのアイテムやどのようなコースが良いのか迷ってしまうお客様に、提案をして導いてあげるようなオススメの仕方ができるのが理想のエステティシャン。
ただやみくもにあれもこれも進めるのではなく、そのお客様の状態に適していることを提案するのです。そうするとお客様も判断がしやすく、提案という形なので無理やり決めさせられたという不快な思いにさせることがありません。
提案力を身に付けるためには、豊富な知識とお客様をよく知ることが必要です。

 
 

4、スキルアップをするために必要なこと


スキルアップをするために必要なこと

研修やコンテストに参加

エステティシャンとしてもっと輝きたいと思うのであれば、スキルアップを目指しましょう。それぞれの会社やエステサロンで開かれる研修や講習会には必ず参加して、常に美容に対して貪欲に学ぶ姿勢はスキルアップにつながります。
またコンテストなどがある場合には、自分の腕試しとして参加してみると良いでしょう。コンテストに向けての練習や勉強の過程からコンテストの結果までの全てがエステティシャンとしての糧になるはずです。
経験を積むのは、スキルアップには欠かせないことと言えます。

 

先輩のアドバイス

エステティシャンとしての悩みは、同じエステティシャンにしかわからないことが多いです。そんな時に頼りになるのが先輩のアドバイス。エステの知識や技術、コミュニケーションの仕方など、長く働いてきた先輩だからこそ理解できるエステティシャンとしての悩みを、的確にアドバイスしてくれるでしょう。
わからない時には進んで相談して解決をする。その繰り返しによって、エステティシャンのスキルも磨かれます。

 

なりたい姿をイメージ

自分はエステティシャンとしてどのようになりたいのか?をイメージすることも大事。サロンオーナーになりたいのか、他のジャンルの施術も学ぶために転職をしたいのか、いずれは自宅で開業したいのか、など目指す姿はそれぞれあると思います。
自分の夢や目標を明確にしてモチベーションを維持して、スキルアップをする準備を整えておくのも必要です。

 
 

5、まとめ


エステティシャンに求められるのは知識と技術とコミュニケーション能力!スキルアップの秘訣とは? まとめ

エステティシャンに求められる知識、技術、コミュニケーション能力は最低限身に付けておきたいこと。さらにスキルアップをはかるためには日々勉強をして、常に自分を高める努力を怠らないようにしておきたいものです。
お客様から見ても、他のエステティシャンから見ても、”最高のエステティシャンだ”と言われるくらい、スキルとサービスを極めたエステティシャンを目指しましょう。