エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

エステティシャンの将来性は?キャリアアップをするには?

エステティシャンの将来性は?キャリアアップをするには?
 

エステティシャンは女性の憧れの職業ですが、将来性について考えたことはありますか?専門的な技術や知識を身につけた以上、長く働きたいところですが、実際エステティシャンの将来性やキャリアアップについてよくわからない人も多いのではないでしょうか。
今回はそんなエステティシャンの今後の需要や、将来性についての疑問を解説します。
 

1、エステサロンの需要

 
エステティシャンの将来性は?キャリアアップをするには?
 
エステサロンは「金銭的に余裕のある女性が通う場所」という印象が強いですが、最近は様々な形態のエステサロンが増えてきています。リーズナブルな価格帯で通えるセルフエステサロンや男性限定のメンズエステサロンなど、これまでの常識を覆す新形態のエステサロンが人気を集めています。特に脱毛サロンは若い層でも気軽に通いやすく、また男性でも脱毛をすることがポピュラーになってきている時代です。
このようにエステサロンを利用する人は女性に限らず男性にも広く普及しているため、今後もエステ業界の需要はあるでしょう。ただコロナ禍になってからは感染対策を徹底したり、お客様への施術や接客の方法を見直すなどの変化が伴ったため、今後も時代やお客様のニーズに応じて柔軟に対応をしていくことが、エステ業界を衰退させないためのポイントといえるでしょう。
 
 

2、エステティシャンの将来性

 

付加価値も含めてニーズがある

セルフエステサロンが登場したことにより、お客様はより気軽にエステを体験することができるようになったため、エステティシャンの必要性について不安視する人も多いかと思います。
しかしエステティシャンの高い技術力を求める人は多く、サービスやリラクゼーションなどの付加価値も含めて、エステティシャンに施術をしてもらいたいと考えるため、今後も需要がなくなることはないでしょう。
そのような人に満足をしてもらえる施術やサービスを提供するためにも、日々エステティシャンはスキルアップすることが課題といえます。
 

独自性のある経営プランが必要

メンズエステサロンのように特定のジャンルや目的をコンセプトにしたサロンは、他との差別化を図ることができます。独自性の高いサロンは生き残る上では必要不可欠な要素のため、コンセプトを明確にした経営プランを考えることも重要になってきます。
 

エステティシャン以外にも活躍の道がある

エステティシャン個人の将来性については、キャリアアップの道として店長を目指すことが可能です。お客様の施術をしながら店舗の運営やスタッフの育成にも関わることができるため、学べることは多いでしょう。
さらにエリアマネージャーになると、複数の店舗管理を任されたり、より責任感が伴う仕事ができるようになります。
そのほかには、エステティシャンの指導や研修を行う講師やインストラクターを目指したり、エステティシャンの経験を活かして他の美容業界に転職をする道もあります。結婚をしたら自宅サロンを開く人もいるので、エステティシャンの将来性は自分の活躍したい姿を明確に思い描くことで実現しやすくなるでしょう。
 
 

3、キャリアアップをするには?

 

資格を取る

エステティシャンがキャリアアップするためには、経験を積むことが第一ですが、実力を証明するためにも資格の取得を目指すと良いでしょう。エステティシャンに資格は必須ではありませんが、持っているとキャリアアップに有利になる可能性があります。
エステティシャンにおすすめの資格は、「AJESTHE認定エステティシャン」「AEA認定エステティシャン」「CIDESCOインターナショナル エステティシャン」などがあります。そのほかにもエステティシャンに関連する資格は多岐に渡るため、今後の仕事に活かせそうな資格の取得を目指しましょう。
 

独立する

エステティシャンのキャリアアップの一つに、独立して自分で開業をする方法もあります。エステティシャンとして経験を積んでスキルを磨く期間が必要になりますが、ある程度のノウハウを学んだら、自分の店を持つことで活躍の幅が広がります。また独立支援制度を設けているところもあるため、独立したい人にはそのような環境が整っているサロンを選びましょう。
エステティシャンは、結婚をして自宅サロンを開いてエステティシャンを続ける人も多いので、長く働きたい人は将来的にどんな活躍をしたいのかをイメージして、プランを考えておくことが大切です。
 
 

4、エステティシャンは何歳まで働ける?

 
エステティシャンの将来性は?キャリアアップをするには?
 
エステティシャンは20〜30代が中心ですが、40〜50代になっても働いている人やライフステージが変化しても続けている人が多くいます。女性を美しくする役割は何歳になってもできることであり、むしろ人生経験を積んできたからこそ、女性特有の悩みやトラブルにも理解があり、お客様に寄り添った対応をすることができます。
そのためにはエステティシャンとしてスキルアップをするための努力を怠らないことや、自分自身も美意識を高く持つことが大切になりますが、エステティシャンは女性が長く活躍できる職種といえるでしょう。
 
 

5、まとめ

 
エステティシャンの将来性は?キャリアアップをするには?
 
エステサロンは飽和状態といえるくらい、全国的にもかなりの数が存在しています。そんなエステ業界では、時代のニーズに応じて柔軟かつ速やかに対応したサロンが生き残ることができるでしょう。またエステティシャン自身も、常に向上心を持って新しい技術の習得やキャリアプランを考えておかなければいけません。
長く活躍し続けるためにも、エステティシャンの仕事に真摯に向き合って、初心を忘れないようにしたいですね。