エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

エステティシャンは施術中の声かけが必要なの?

エステティシャンは施術中の声かけが必要なの?
 
エステティシャンはただ黙々とお客様の施術をすれば良いと思いますか?ベラベラ喋りすぎるエステティシャンはふさわしくありませんが、終始無言で施術を行えば良いというわけでもありません。お客様の様子をよく観察して、適切なタイミングで声かけをしながら施術を進めていくことが理想です。
そもそも声かけとはどのような目的があるのでしょうか?エステティシャンの理想的な声かけについてご紹介します。

 


 

 

1、施術中の声かけは必要?

 
施術中に声をかける理由としては、まず第一にお客様にリラックスをしてもらうことを目的としています。特にエステに通い慣れていない方だと、緊張したり警戒心を持ってしまうでしょう。そんなお客様にリラックスをしてもらうために、エステティシャンは声かけを行うようにしています。
また施術をしている時に、お客様が「もっとこうしてほしい」などの要望を確認するためにも声かけを行なっています。お客様とのコミュニケーションをとったり、快適に施術を受けてもらうためにも、声かけは必要不可欠なことといえるでしょう。

 
 

2、声かけの良いタイミングとは?

エステティシャンは施術中の声かけが必要なの?
 

施術を始める時

声かけは必要だといっても、あれこれ話しかけすぎるのは逆効果です。何度も話しかけられてしまうとお客様は不快感を示し、リラックスして施術を受けられなくなってしまうからです。そのためタイミングをみて最低限の声かけをするように意識しましょう。
施術中に声かけをするタイミングとしては、まず施術を始める時。何も言わず肌に触れてしまうとお客様を驚かせてしまうので、今から施術をスタートすることを伝えましょう。
ただ「今から始めます」のようにきっちりしすぎもよくないので、はじめに一連の流れや何の効果があるかを説明しながら、自然に施術を開始することが理想です。

 

施術中に変化が起きる時

施術を受けている時は、お客様はうつ伏せになっていたり目を閉じていることが多いので、自分の目で確認することはできません。そんな状況の中、いきなりひんやりとしたジェルを肌にのせられたり、施術する箇所を変えられたら不安な気持ちにさせてしまいます。
そのため施術中に変化が起きるタイミングで声かけを行うことも大切です。その声かけがあるだけで、お客様も心構えができるため安心して施術を受けることができるでしょう。
なかには気持ちよくてぐっすり眠っている方もいるため、その時は起こさないように声かけを控えるか小さな声で伝えるくらいにしておきましょう。

 

痛み、強さなどを確認する時

例えば脱毛サロンの場合、肌にライトを当てる瞬間に痛みを伴うことがあります。基本的に施術前にそのことを伝えておくものですが、施術中にも痛みについて気遣う声かけをしてあげると良いでしょう。
またマッサージをする時の力加減を確認したり、お客様が我慢して施術を受けることがないよう、適切な声かけをすることが望ましいですね。

 
 

3、どんな声かけが理想?

 
エステティシャンは施術中の声かけが必要なの?
施術の時は非常にリラックスしている方もいれば緊張している方もいるため、お客様によって声かけのタイミングや内容を考えなくてはいけません。またあまり会話をしたくない人であれば、気分を害さない程度の声かけにとどめておく方が良いでしょう。反対にある程度関係性が縮まったお客様とであれば、ちょっとした雑談を持ちかける方が信頼関係がより深くなることもあります。
さらに施術に関することだけでなく、部屋の温度や照明の明るさについて声かけをするとよりお客様の心に寄り添った施術をすることにつながります。ほかにも、部屋に入る前にお手洗いは大丈夫か声をかけたり、施術後は身支度やメイク直しができることを声かけするなど、お客様の要望をいち早く察知した声かけをすることがポイントです。

 
 

4、まとめ

 
エステティシャンは施術中の声かけが必要なの?
声かけは簡単なように思えて、実はお客様のことをよく観察していないとできないこと。話しかけすぎても無言を貫いていても不快に感じさせてしまうため、適度な声かけを目指すことが大切です。
ただサロンによっては、施術中の声かけマニュアルがある所も。まずはそのマニュアルに基づいて声かけを行い、徐々に慣れていけば自分なりの声かけをすることができるようになるでしょう。「自分だったらどんな声かけをされたらうれしいか?」ということを考えた声かけ術をマスターしましょう。