エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

ブランクがあっても大丈夫?エステティシャンに復帰するためには?

ブランクがあっても大丈夫?エステティシャンに復帰するためには?
 
エステティシャンとして働いていたけど、結婚や出産を機に辞めてしまった人にとっては、もう一度エステの仕事に携わることは勇気がいることだと思います。それはブランクがあるから。ブランクが長いといくら経験があっても、「またエステティシャンを目指せるのか?」といった不安を感じることでしょう。
実際にブランクのあるエステティシャンはいるのか、復帰する上でのメリット・デメリットもご紹介します。

 


 

 

1、ブランクがあっても大丈夫?

 

充実した研修制度や経験者優遇のサロンを選ぶ

昔エステティシャンをしていた頃に基本的な知識や技術を身に付けたとしても、しばらく働いていないと自分のスキルに自信がなくなり、同じように務まるのか心配になりますよね。
ですがどのエステサロンも研修制度を設けているところがほとんど。そのため入社をして基礎的な内容から復習をする感覚で再び知識を習得すれば、ブランクがあっても大丈夫でしょう。自己流や勝手な思い込みをしていたことを見直す、良い機会ともなります。
また何年も働いていないとしても、全くの未経験者よりは大きな即戦力になると期待されます。そのため「経験者優遇」のサロンを選べば、エステティシャンで培った経験を評価され、採用につながりやすくなるでしょう。

 
 

2、復帰するメリット・デメリット

 
<メリット>
ブランクがあっても大丈夫?エステティシャンに復帰するためには?
 

再び好きな仕事ができる

エステティシャンが向いている人にとっては、しばらくエステの世界から離れていると、「またエステティシャンになりたいなぁ」という思いが沸き起こってくるでしょう。雇用形態やライフスタイルが変化しても、再び自分の好きな仕事にチャレンジできるのはとても魅力的なことです。
好きな仕事に携われることは、大変なことがあっても乗り越えることができる原動力となります。ブランクがあっても再び好きなエステの仕事ができるのは、何よりのメリットと言えるのではないでしょうか。

 

経験を活かすことができる

ブランクの期間があってもエステティシャンの経験があるのは、採用に有利となります。時代の変化とともに取り扱う美容機器や施術内容が変わってきているとしても、基本的なエステの知識や技術は同じです。そのためそれらを習得した経験があれば、復帰がしやすいということになるでしょう。
面接の際には、エステティシャンとして具体的にどのようなことを経験してきたのかをPRすることが大切です。

 

キャリアアップや独立を目指せる

結婚を機にエステティシャンを辞めたものの、また復帰をしようと決めたならキャリアアップや独立の道を目指してみるのも良いでしょう。今は結婚をしたりママになった女性でもキャリアを築くことができる時代です。特にエステ業界は女性が中心の職種のため、よりその道を切り拓くことが可能となるでしょう。
また子育てをしながら仕事をする人は、自宅でエステサロンを開業したり独立を目指した働き方をするのも◎サロンによっては独立支援制度を設けているところもあるので、自分の目標に向かってキャリアプランをたてておくと良いでしょう。

 
 
<デメリット>
ブランクがあっても大丈夫?エステティシャンに復帰するためには?
 

両立の大変さ

子育てや家事をしながら働くことは大変な一面もあります。独身の頃はエステティシャンの仕事だけに集中していれば良いですが、結婚して子育てをしながら再び仕事をするとなると、家庭と仕事のバランスをとることに苦労することも多いでしょう。
エステティシャンに復帰することを決めたらまずは無理のない働き方を考え、家族や職場の理解を得ることも必要となるでしょう。

 

カンを取り戻すことに苦労する

何年もエステの仕事から離れていれば、当然知識や技術は衰えているもの。ある程度のノウハウや流れはわかっていても、当時のカンを取り戻すことに始めは苦労するかもしれません。また新しい美容に関する知識や最新マシンの導入がされているサロンであれば、一から勉強し直すことも求められます。
ブランクがある分、現役の時のような活躍をするには初心にかえって学ぶ姿勢が大切となるでしょう。

 
 

3、まとめ

 
ブランクがあっても大丈夫?エステティシャンに復帰するためには?
ブランクがあって不安に感じるかとは思いますが、再びエステティシャンになりという気持ちがあれば大丈夫です。それまでに経験してきたことを活かして、再び活躍することができるサロンを見つけましょう。