エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

将来エステサロンを開業したい方必見!独立支援制度って?

将来エステサロンを開業したい方必見!独立支援制度って?
 
「いずれは自分のサロンを持ちたい」と考えているエステティシャンも多いと思います。ある程度の経験やスキルを身につけたら独立をしてサロンを開業することができますが、開業資金や美容機器などのすべてを自分だけで準備することは大変ですよね。
そんな時は多くのエステサロンで取り入れている”独立支援制度”を利用すると良いでしょう。独立支援制度はどんなメリットがあるのか、その仕組みについて解説します。

 


 

 

1、独立支援制度とは

 

独立して開業を希望する社員を支援する制度

独立支援制度とは、「独立して開業を希望する社員を支援する制度」のことで、一定の条件をクリアすれば独立に向けて準備を進めることができます。独立支援制度を利用すれば、屋号を使用したり資金や備品の援助を受けることができるため、開業する上で必要な手助けをしてくれると考えて良いでしょう。
独立支援制度は様々な業界で行なっていますが、エステ業界でも多くの企業が導入しています。企業によって条件は異なりますが、基本的にはフランチャイズシステムをとっており、独立すると権限をもらえる代わりに、企業にはロイヤリティーを支払う仕組みになっています。
独立支援制度は企業にとってロイヤリティーによる収益を見込むことができ、エステティシャンにとっては仕事をする上での目標やモチベーションとなっている面もあるようです。

 
 

2、独立するまでのキャリア形成は?

将来エステサロンを開業したい方必見!独立支援制度って?
 

正社員として一定の条件を満たすこと

独立支援制度はその企業で働いている人が利用することができる制度です。そのため独立して開業をするなら、正社員として勤務をし独立支援制度の条件を満たす必要があります。
エステの独立支援制度は、何年か働いてスキルや知識を身につけた人に与えられる選択肢のため、誰もがすぐに利用できる制度ではありません。エステティシャンとしてのキャリアを磨くことが第一なので、今すぐに独立ができるわけではないことを知っておきましょう。

 
 

3、独立支援制度を利用するメリット

 
将来エステサロンを開業したい方必見!独立支援制度って?
 

サポート体制が整っている

一からサロンを開業することは不可能ではありませんが、開業にかかる費用や労力などを考えると、一人で行うのには限界があります。ですが独立支援制度を利用すれば、その負担を軽減してくれる万全のサポート体制が整っています。またサロン経営のノウハウなどを教えてもらえる企業もあるようです。
エステサロンの場合、施術で使用する美容機器やベッドなど必要なものを提供してもらえたり、資金面での融資をしてもらえるなど、開業に関する準備を手助けしてもらえるため、独立しても安心してスタートをきることができるでしょう。

 

集客が見込める

独立支援制度を利用すると、屋号を使えるメリットがあるため、そのネームバリュー効果で多くの集客が見込めるでしょう。どれだけ理想のサロンを開業してやる気に満ちあふれていたとしても、必ずしもお客様が来てくれるとは限りません。それほど集客というのは難しく、また宣伝するための広告費用もかかるため、開業したエステティシャンが抱える悩みの一つともいえるでしょう。
ですが独立支援制度を利用して開業すれば、知名度の高さや信頼度によって集客が見込め、そのような悩みも解消されることでしょう。

 

経験や実績をアピールできる

エステサロンを開業することは、スクールに通って技術を習得したり、また独学で学ぶ方法もありますが、やはり実際にエステティシャンとして勤務した経験や実績がある人の方が信頼度は高いでしょう。
正しい知識と技術を身につけたことは独立してからでも役立つことが多く、集客の際にもアピール材料となるでしょう。ただそのサロンの看板を背負っていることを忘れずに、責任のある行動や対応を心がける必要があるでしょう。

 
 

4、まとめ

 
将来エステサロンを開業したい方必見!独立支援制度って?
エステティシャンとしてのキャリアを築きたい人や大きな目標がある人にとって、独立支援制度はとても魅力的な制度ですよね。独立する際には越えなくてはいけないハードルがたくさんありますが、制度を上手に利用して憧れの開業を目指してみてはいかがでしょうか?

 
 
\入社が決まった方に/
採用課金