エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

美容部員は立ち仕事で足がむくむ?対策やケアの仕方は?

美容部員は立ち仕事で足がむくむ?対策やケアの仕方は?
 
みなさんは美容部員に対して、どんなイメージを持ちますか?メイクや髪型も完璧に整えていて、キレイな女性が多いためとても華やかな印象が強いですよね。
ですが美容部員には「立ち仕事」という大きな壁と毎日戦いながら働いているのです。華やかなイメージがあるからこそ常に気を張って仕事をしなくてはいけない、美容部員ならではの”ある悩み”に迫ってみました。

 


 

 

1、立ち仕事のつらさ

 

接客業ならではの”足のむくみ”

美容部員の仕事はキレイになるための化粧品を販売したりお客様にメイクをするなど、女性が憧れる職業ともいえるでしょう。仕事内容としてはやりがいがあり女性としてキャリアアップを目指せる美容部員ですが、ちょっとしたつらさを感じることもあるようです。
それは接客業がゆえの、立ち仕事であること。一日中立ちっぱなしの状態で接客を行うことが基本のため、とにかく足がむくみやすいでしょう。特に美容部員はパンプスやヒールで仕事をすることも多いため、夕方には足がパンパンになっていることも日常茶飯事だとか。
唯一座れる瞬間といえば、タッチアップの時やお会計の時に軽く椅子に腰掛けることができたり、しゃがんで取り出す時に一瞬座る姿勢になる程度で、基本は立ち姿勢がほとんどのようです。

 
 

2、仕事中に心がけていることは?

 
美容部員は立ち仕事で足がむくむ?対策やケアの仕方は?
 

姿勢を正して笑顔で対応

そんなつらい一面がある美容部員ですが、座れないことを嘆いたり態度に出すようなことはせず、勤務中は常に姿勢を正してプロとしての振る舞いをすることを心がけているようです。
足が疲れるとつい姿勢がだらけてしまったり、表情がどんよりと曇ってしまいがちですが、そのような疲れた美容部員ではお客様は商品を買ってくれません。そのため疲れはぐっとこらえ、笑顔で接客をするようにしている人が多いでしょう。
ただ休憩中はヒールを脱いで足を伸ばしたり、ふくらはぎをマッサージするなどして、上手に体を休ませているようです。

 
 

3、家でのケアの仕方

 
美容部員は立ち仕事で足がむくむ?対策やケアの仕方は?
 

お風呂にゆっくり浸かる

仕事を終え家に帰れば、とにかく足のケアを中心に行なうようにして、次の日に疲れを持ち越さないことが肝心です。そのためまずお風呂にゆっくりと浸かり、全身の血行を良くしてリラックスをします。キャンドルを灯したり音楽をかけて、癒しの空間を作り上げることも大切。
立ち仕事で体が疲れやすいため、お風呂の時間にはこだわりを持ったりできるだけリラックスするようにしている美容部員が多いでしょう。

 

マッサージをする

お風呂に浸かりながらマッサージをする人もいれば、お風呂から出てクリームやオイルを塗りながらマッサージをする人もいます。美容部員は肌のケアを丁寧に行なっている印象がありますが、それと同じくらい足のケアも入念に行なっているようです。

 

むくみやすい食生活を控える

ボディケアのみならず食生活にも気を遣う美容部員もいます。体質的にむくみやすい人は塩分の多い食べ物を控えたり、お酒の飲み過ぎは顔のむくみも引き起こしやすいため、飲むとしたら休みの日に限定するなど、美容部員として気をつけているようです。

 
 

4、まとめ

 
美容部員は立ち仕事で足がむくむ?対策やケアの仕方は?
美容部員には足が疲れたりむくみやすいといった、立ち仕事特有の苦労や悩みもあるようですが、マッサージやリラックスをする時間を取り入れながら上手に付き合っているようですね。
人を美しくすることが美容部員の役割ではありますが、自分自身のケアも手を抜かずに行って、楽しく仕事ができるように工夫しましょう。

 
 
\入社が決まった方に/
採用課金