エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

美容部員のネイルはどんなものが最適?手のケアについてもご紹介

美容部員のネイルはどんなものが最適?手のケアについてもご紹介
 
美容部員はネイルをしても良いのか気になりませんか?美を仕事にする美容部員のためネイルはしても良さそうな気もしますが、注意しなくてはいけないこともあるようです。
そんな美容部員のネイル事情を解説します。

 


 

 

1、美容部員はネイル可能?

美容部員のネイルはどんなものが最適?手のケアについてもご紹介
 
美容部員のネイル事情についてですが、長さや装飾に配慮したネイルであればOKとされていることが多いでしょう。指先まで気を使う必要がある美容部員は、ネイルまで美しくお手入れされている方が好感を持たれます。ただタッチアップなどお客様の肌に直接触れることも多いため、長いネイルやストーンなどの装飾がついたネイルはふさわしくありません。
またブランドによっては「マニキュアを必ず塗ること」「ジェルネイルは禁止」などの独自のルールを設けている場合もあるため、その方針に従ったネイルをすることが望ましいでしょう。

 
 

2、好ましいネイルとは

美容部員のネイルはどんなものが最適?手のケアについてもご紹介
 

ベーシックな色やデザイン

美容部員に好ましいネイルは、ベーシックな色やデザインが適しているでしょう。色はピンクやベージュ、デザインは単色塗りやフレンチなどがおすすめ。派手になりすぎないベーシックなネイルであれば、お客様に不快感を与えることもなく、自分自身も飽きずに楽しむことができるでしょう。
 

自社ブランドのマニキュア

ブランドによってはマニキュアを販売しているところもあります。そのようなブランドでは「自社ブランドのマニキュアであればOK」とされていることが多いため、好きな色のマニキュアを塗って楽しむことができるでしょう。
特に新色が発売された時にその色を塗っておくと、接客の際にご案内しやすくなったり、接客トークに活かすことも可能です。
 

清潔感がある

美容部員の身だしなみに求められることは、清潔感です。メイクや髪型もそうですがネイルに関しても清潔感を意識することが大切です。手荒れをしていたり爪が長いとお客様に触れた時に傷つけてしまうかもしれないので、日頃からハンドケアをすることも重要です。
またマニキュアが剥がれていると清潔感がなく、だらしない印象を与えてしまいます。美容部員として常に清潔感のある状態をキープしましょう。
 

3、手のケアについてご紹介

 
 
美容部員のネイルはどんなものが最適?手のケアについてもご紹介
 
美容部員は接客で、自分の手に化粧水やクリームなどを出して商品説明をするため、基本的にいつも手はしっとりと保湿されている人が多いようですが、手のケアは日頃から意識してやっておきたいこと。手荒れは一度してしまうとどんどん悪化してしまい、ネイルすらできない状態に陥ってしまうこともあるため、予防もかねてケアを怠らないことが大切です。
手のケアの基本は、こまめにハンドクリームを塗って保湿を徹底しましょう。またネイルオイルで爪やその周りも入念に保湿すると◎ハンドクリームやネイルオイルを塗る際は、マッサージをしながら塗ると効果的です。手を洗った後には必ず塗ることをしておけば、手荒れ知らずの美しい状態を維持することができるでしょう。
 
 

4、まとめ

 
 
美容部員のネイルはどんなものが最適?手のケアについてもご紹介
 
美容部員のネイル事情についてご紹介しました。ネイルは身だしなみの一環としてOKとされている場合が多いですが、清潔感のあるネイルを心がけましょう。
肌のお手入れと同じくらい、ネイルやハンドケアも大切にやっておきたいですね。