エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

美容部員のいいところとは?働く前に知っておきたいメリットとデメリット

美容部員のいいところとは?働く前に知っておきたいメリットとデメリット
 
美容部員は女性にとっての憧れの職業ですが、働くとどんなメリットがあるのでしょうか?またデメリットも知っておくことで、ある程度の覚悟や心構えをしておくこともできます。
今回は美容部員のメリット・デメリットについてご紹介します。
 


 

 

1、美容部員のいいところ(メリット)とは?

 
美容部員のいいところとは?働く前に知っておきたいメリットとデメリット
 

働きながらキレイになれる

美容部員のメリットはなんといっても、働きながらキレイになれること。美容部員として働くと、メイク技術やスキンケアの知識が身に付くため、自然と美意識も向上していきます。
美容部員は常にお客様に見られているという意識を持つ必要があるので、メイクやスキンケアは入念に行うことが基本です。そのため毎日のお手入れや自分の容姿を意識する機会が多くなり、働いているうちにあか抜けてキレイになるのです。
 

最新のトレンドやコスメに詳しくなれる

美容部員として働くと最新のトレンドやコスメに詳しくなれます。自社ブランドの新商品をいち早く試すことができたり、最新の情報を入手しやすい環境にあります。
さらにコスメ以外にもファッションやカルチャーの分野のトレンドも知っておくとお客様との会話や接客に活かすことができるので、常にアンテナを張っておくことが大切です。
 

周りから憧れられる

女性にとってメイクは欠かせないもの。キレイになるため以外にも、社会人のマナーとしてメイクは必須です。
そんな女性の役に立つ仕事をしていることは、とても誇らしいこと。周りの友人からは、美容部員であることをうらやましがられることも多いでしょう。
 

未経験でもスタートできる環境

美容部員は専門的な知識や技術が必要のため、未経験では難しそうなイメージがありますが、実際はやる気さえあれば誰でも始められる仕事です。
未経験者でも安心して働けるポイントとしては、研修制度があること。美容部員の研修では、肌の構造や知識、スキンケアのやり方、メイクアップ技術など基礎から学ぶことができ、また資格も必要がないため、美容やメイクに興味があれば挑戦できる環境です。
 

商品を安く購入できる

美容部員にとってのモチベーションは、自社ブランドの商品を安く購入できるということ。コスメ好きの人にとったら、とてもありがたい待遇です。
店によっても異なりますが、定価の半額以下で購入できることが多いので、美容部員ならではのメリットといえるでしょう。
 
 

2、美容部員のデメリット

 
美容部員のいいところとは?働く前に知っておきたいメリットとデメリット
 

土日が休めない

美容部員の休みは平日になるため、土日は出勤しなくてはいけません。そうすると周りの友人や家族との予定が合わせにくく、もどかしい思いをすることも。
また大型連休や年末年始などの長期の休みも取りにくいため、ほかの仕事に比べると休みに対しての不満を抱えることが多いかもしれません。
 

不規則になりやすい

美容部員の勤務形態は、シフト制が多いです。百貨店や商業施設で勤務する美容部員の場合、営業時間が長いため早番と遅番で交代することが基本です。なかには早番と遅番の間に出勤する、中番があることも。
シフトは固定されている場合もありますが、日によって出勤時間が異なることが多いので、どうしても不規則な生活になりやすいです。特に遅番の人は夜の9〜10時頃に帰ることもあるため、食生活が乱れやすかったり睡眠時間が短くなることもあります。
 

立ち仕事で足腰に負担がかかる

美容部員は華やかな印象がありますが、勤務中はずっと立ちっぱなしの状態になるため、足腰にとても負担がかかります。ヒールやパンプスを履いて勤務するところも多いので、夕方には足がむくんでしまうことも。
 

ノルマや売上のプレッシャー

最近は個人ノルマを課せられるところは少ないようですが、チームや店ごとのノルマや売上目標を定めている場合があります。そのような数字で評価される環境は、どうしても精神的に負担がかかりプレッシャーになることが多いです。
本来のメイクや接客が好きという純粋な気持ちよりも、数字を意識しすぎることにより働く意欲がわかなくなる人もいるため、ノルマや売上をモチベーションとして捉えることが大切です。
 
 

3、まとめ

 
美容部員のいいところとは?働く前に知っておきたいメリットとデメリット
 

美容部員として働くと美意識が上がり、お客様をキレイにするだけでなく自分自身もキレイになることができます。やりがいや達成感を感じられることも多く、女性として身に付けておきたいメイクやスキンケアの知識にも、詳しくなれることがメリットです。
今後美容部員を目指したいとお考えの方は、ぜひご参考にしてみてくださいね。