エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

ネイリストの苦労や悩みとは?解消法もご紹介!

ネイリストの苦労や悩みとは?解消法もご紹介!
 
ネイリストは、器用でセンスが良い人が多いイメージがありますよね。トレンドにも敏感で美意識が高いことも、ネイリストの特徴といえるでしょう。そんな女性の憧れの仕事ともいえるネイリストには、どんな悩みや大変なことがあるのでしょうか?
今回は、ネイリストの苦労や悩み事情について解説したいと思います。
 

1、ネイリストが抱えがちな悩み

ネイリストの苦労や悩みとは?解消法もご紹介!
 

技術力

ネイリストは技術が必要な仕事のため、新人の頃は先輩ネイリストとの技術力の差で悩むことが多いでしょう。日々の練習や経験値が必要になるため、すぐに技術が身につくわけではありませんが、「早く上達したい」とあせってしまうことも。
施術によっては高度な技術が必要だったり、何度練習しても上手にできないこともあるため、技術力に自信を持てずに悩んでしまう人も多いでしょう。
 

接客

ネイリストはお客様に施術をする際に、希望するデザイン、色、爪の形、アートの有無などをヒアリングしなくてはいけません。お客様の希望するネイルを行うためにも、コミュニケーションは丁寧に行う必要があります。また、施術中も楽しく過ごしてもらうために、お客様の様子を伺いながら会話をして、退屈させないような気配りが求められます。
施術に集中しすぎて接客が疎かになったり、おしゃべりに夢中になって施術に支障をきたすことのないよう、柔軟さと器用さが必要になるため、慣れるまでは難しく感じてしまうでしょう。
また、お客様の中には細かいリクエストが多い人やクレームを言う人など、様々なタイプの人がいるため、悩み抱えてしまうネイリストもいるようです。
 

職場の人間関係

ネイリストは女性が多く活躍しているため、女性特有の人間関係に悩んでしまう人もいます。特にネイリストは技術力や経験年数によって立場が位置付けされやすいため、上下関係がハッキリしていたり、ライバル関係になることもあるようです。
 

体力面の負担

施術中は座ったままの状態なので、慢性的な肩コリや目が疲れてしまうのは、ネイリストの職業病のようなもの。
特に予約が埋まっている日は、休憩する時間もなく次のお客様の施術をしなくてはいけないため、疲労はさらに蓄積されていきます。
仕事が終わっても、片付けや練習、サンプルの作成や自分の爪のケアなどを行うため、なかなか疲れが取れないことに悩むネイリストが多いでしょう。
 
 

2、ネイリストの苦労やつらいこと

肩や首が凝る

ネイリストは、施術中はずっとうつむいた状態で細かな作業を行うため、肩や首が凝りやすい仕事内容です。また、集中して施術を行わなくてはいけないのも、疲れが溜まる要因の一つ。
施術以外のサロンワークでも、ネイル用品の整理やパーツを分けたりラベリングをしたりと、細かな作業が中心なので、肩や首の凝りに悩まされるネイリストが多いようです。
 

お客様とのコミュニケーションが難しい

人見知りなネイリストにとっては、お客様とのコミュニケーションに苦手意識を感じる人も少なくないでしょう。施術は近い距離で対面で行うため、ずっと沈黙でいるわけにもいきません。
だからといって、喋りすぎると作業が止まったりミスにつながりかねないため、どれくらいコミュニケーションをとるべきなのかは、経験を積んで学んでいくしかないでしょう。
 

下積み期間

ネイリストには下積み期間があります。ネイリストのアシスタントとして働き、資格を取得したりテストに合格して、ネイリストデビューができることが多く、下積み期間はひたすら技術を磨く必要があります。
毎日練習を重ね、技術力を向上させなくてはいけないため、時に気持ちがめげてしまったり挫折しそうになることも多いでしょう。
 

トレンドへの対応

ネイルはファッションと同様、トレンドがあります。お客様に流行のネイルをリクエストされた時に対応できるよう、常に新しいネイルデザインや技術の習得をしなくてはいけません。
日々の施術に加えて、情報収集をしたりデザインの考案や練習を行う必要があるため、ネイルのことを一日中考えているネイリストも少なくないでしょう。
 
 

3、悩みや苦労などの解消法

ネイリストの仲間に相談する

ネイリストとしての悩みは、同じ仕事仲間に相談するのが一番です。ネイリスト同士、悩みを共感し合うことができるので、解決の糸口が見えたり日頃のストレスを発散することができるでしょう。
 

リフレッシュをする

仕事の疲れやストレスが溜まった時は、意識的にリフレッシュをすることが大切です。人それぞれリフレッシュできると感じることは違うため、自分にとってスッキリすることや気持ちを切り替えられることを見つけてみましょう。
 

モチベーションを上げる

ネイリストの仕事に対するモチベーションが下がってしまう時は、誰もが経験することです。新人の頃は、いくら練習しても技術力が向上しないことで、やる気がなくなってしまうこともあります。
ある程度ネイリストとしての経験を積んで目標も達成したら、今度は何を目指して頑張ればいいのかわからなくなり、モチベーションが低下することもあるでしょう。
常にモチベーションを維持するのは難しいため、やる気がなくなった時は初心を思い返してみたり、新たな目標を設定して頑張る原動力を作る作業が必要です。仕事以外にプライベートの予定や旅行の計画を立てることも、モチベーションアップにつながるため、やる気が出ない時はぜひ実践してみましょう。
 

転職をする

ネイリストの仕事は好きなのに、悩みやストレスを抱えてしまう場合、今の職場が自分に合っていない可能性があります。人間関係、給与や待遇、経営方針など、どこか合わない部分がある場所で働き続けるのは、悩みの大きな原因になってしまいます。
その場合、思い切って転職を考えてみるのも一つの選択肢です。現状の不満を洗い出し、自分の理想とする働き方ができる店を探してみましょう。
 
 

4、まとめ

ネイリストの苦労や悩みとは?解消法もご紹介!
ネイリストは女性に人気の仕事ですが、華やかそうに見えて、実際は地道な努力ができる人じゃないと働くことはできません。ただ、その分技術が身についた時やお客様の笑顔を見ることができた時は、達成感ややりがいを感じられる仕事です。
悩みがある時は、一人で抱え込まずに周囲に頼れる人や環境を見つけましょう。また、日頃の疲れをとるためにリフレッシュしたり、ストレス発散方法を見つけておくことも大切です。