エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

エステティシャンの「指先・ネイル」事情!みんなどうしてる?

エステティシャンの指先・ネイル


エステサロンで活躍しているエステティシャンの指先やネイル事情について知りたい!という方、必見!
エステティシャンの指先・ネイル事情についてご紹介します。
これからエステティシャンになりたい、サロンで働いてみたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

1、エステティシャンの指先ケア


◆ハンドケアは大切
エステティシャンは仕事上、お客さまの顔や体に触れることがほとんどです。
しかも、素手の指先で触れることが多く、ガサガサに荒れた指先でお客さまの肌に触れることなどあってはいけません。
そのため、多くのエステティシャンはハンドケアをこまめに実践し、常に美しく手荒れのない指先をキープしています。

◆やすりで角質の除去
多くのエステティシャンが実践しているのが「やすり」を使った角質のケアです。
手のひらだけでなく指先にも専用のやすりをかけている方が多く、角質が溜まらないように除去しています。

◆保湿で十分な潤いを
カサカサに乾燥した手や指先でお客さんに触れるのはエステティシャンとして失格です。
多くのエステティシャンはこまめな保湿ケアをし、常に潤いのある手のひら、指先を維持しています。

 

2、仕事中に指輪は外す?


◆サロンによって対応はまちまち
正直なところ、これはエステサロンによって対応が変わってきます。
お店によっては、結婚指輪はつけたままでも大丈夫というところもあるかもしれませんが、仕事中は外すことを求めるサロンが一般的です。

◆基本は外すこと
恐らくほとんどのエステサロンでは結婚指輪にしてもアクセサリーとしてのリングにしても、外すように指導されることが多いようです。
お客さまの顔や体に直接触れるお仕事なので、衛生面の問題から金属のリングを身につけずに、はずしておく方がベターです。

◆手袋を着用すればOKなことも
施術中に手袋を着用するケースだと指輪をつけたままでもOKというサロンもあります。
ただ、多くのサロンでは手袋を使わないケースがほとんどです。
特にハンドマッサージに自信を持っているサロンだと素手でのケアにこだわっているで、あまり現実的とは言えません。
気になる方は、働き始める前にサロンへ確認しておきましょう。

 

3、エステティシャンのネイル


◆原則ネイルはNG
女性のオシャレとしてすっかり浸透したネイルですが、エステサロンでは原則ネイルをNGとしていることがほとんどです。
稀に許可しているサロンもありますが、多くのエステサロンではNGとしていることが多いので覚えておきましょう。

また、ネイルを認めているサロンでも派手なネイルだとお客さまに不快な思いをさせてしまう可能性があるので注意が必要です。
できるだけシンプルなネイルアートを選ぶよう心がけましょう。

◆爪は伸ばしても大丈夫?
ネイルではなく爪を伸ばしている女性も多くいると思いますが、基本的に長い爪はNGです。
爪が長いと、お客さまの肌に傷をつけてしまう可能性があります。また、衛生的にも良くありません。

爪を伸ばしているというだけで不衛生な印象を与えてしまう恐れもあるので、短く切っておくのが基本です。

 

4、まとめ


◆女性の肌に触れる仕事だと理解すること
エステティシャンは業務の中に、女性の肌に何度も触れます。
フェイシャルエステでは顔の肌に触れることがほとんど、ボディケアでは背中や脚、腕など至るところに触れる仕事です。

爪が伸びていると施術中にお客さまの肌に傷をつけてしまう可能性があります。ネイルをつけている場合でも同様です。
また、アクセサリーのリングや結婚指輪などもお客さまに違和感を与えてしまい、ケアを怠ったガサガサの指先では施術そのものを嫌がられてしまいます。

大切なのは、エステティシャンは女性の柔肌に直に触れる仕事ということをきちんと理解しておくこと。
しっかり理解しておけば指先のケアの重要性、ネイルや指輪がどうしてNGなのかもきちんと理解できるでしょう。