エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

美容業界専門(エステ・コスメ・ネイル等)の求人・転職ならBeAle(ビアーレ)

日本最大級ビューティー業界専門求人

【例文あり】エステティシャンの志望動機の書き方とコツ!

【例文あり】エステティシャンの志望動機の書き方とコツ!
 

エステティシャンの面接を受ける人なら、必ず準備しなくてはいけない履歴書。履歴書には志望動機を記入する欄がありますが、「何を書けば良いのかわからない」と悩んでしまいますよね。
今回はそんなエステティシャンの志望動機の書き方のコツや、未経験者向け・経験者向けの例文をご紹介します。

 

1、志望動機とは?自己PRとの違い

志望動機

まず志望動機は、「なぜこの企業(サロン)で働きたいのか」という志望した理由を述べる項目です。エステティシャンを志した理由やその職種を目指した理由を記入します。
それだけだと志望動機としては弱いため、数多く存在するサロンの中で応募先で働きたいと思った具体的な理由も述べると、熱意が伝わり印象が良くなります。
 

自己PR

一方自己PRは、「自分の強みやスキル、経験、能力をアピールする」項目です。これまでの人生の中で、自分が努力して身につけたスキルや経験、また人に誇れる能力などをアピールすることで、どれくらい応募先に貢献できるかを伝える意味があります。
エステティシャンの場合なら、接客業経験やコミュニケーション能力が高いことはアピールポイントになります。応募先の企業や仕事内容にマッチする自己PRを考えることが大切です。
 
 

2、好印象な志望動機とは

【例文あり】エステティシャンの志望動機の書き方とコツ!
 

熱意が伝わる

志望動機は「なぜうちで働きたいのか」という熱意が、面接官に伝わらなければ意味がありません。志望動機が曖昧だったり一貫性がないと、どうしても熱意が伝わらずマイナスなイメージを与えてしまいます。
エステティシャンの場合、ただ「エステの仕事がしたい」という曖昧なニュアンスだけではなく、そのサロンを志望した理由を明確に伝えることがポイントです。
 

目標やキャリアプランがしっかりしている

面接官は、応募者が「エステティシャンとしてどんな活躍をしてくれるのか」という部分を知りたいため、目標やキャリアプランがしっかりしている人を採用したいと思うもの。
志望動機には自分の目指したい姿や、頑張りたいことが伝わる内容にしましょう。
 

応募先についてよく調べている

エステティシャンの面接では、「うちのサロンのことをよく調べてくれている」と面接官に思ってもらうことが大切です。応募先のことを調べるためには、直接サロンに行ったりホームページやSNSをチェックすると、経営理念やサロンの特徴などを把握することができます。
これらの調べた情報をもとに志望動機を考えると、意欲的な姿勢を示すことができるため、面接官の評価も高くなるでしょう。
 
 

3、志望動機の書き方のコツ

簡潔に書く

志望動機は履歴書の限られたスペースの中に書かなくてはいけません。あれこれ伝えたいことを並べてしまうと、まとまりがなく何が言いたいのかわからない内容になってしまうため、志望動機は簡潔に書くのが基本です。
志望動機の書き方は、「志望理由」「具体的なエピソード・活かせるスキルなど」「目標や将来のビジョン」という流れで書くことが望ましいでしょう。これらの流れをベースに簡潔にまとめることを意識するのが、志望動機を上手に書くコツです。
 

具体的に書く

志望動機では具体的なエピソードを一つ入れるようにしましょう。応募先のサロンを志すきっかけになったエピソードや、エステティシャンの仕事に活かせる自分の経験談など、面接官がイメージしやすいエピソードを書くことがポイントです。
具体的に書くことを意識するだけで、志望動機から受ける印象は大きく変わります。履歴書を書く際には、何か一つエピソードを考えておくようにしましょう。
 

応募先に関すること

志望動機の内容が思い浮かばない場合は、応募先に関する内容を書くのも効果的です。「経営理念に共感した」「サロンの雰囲気やスタッフの人に魅力を感じた」「興味のある施術内容だった」といった志望動機は、応募先に対しての理解をアピールすると同時に、働く意欲も感じてもらうことができるでしょう。
 
 

4、エステティシャンの志望動機、例文(未経験者向け)

例①

エステティシャンを志した理由は、お客様に感動や喜びを与える仕事がしたいと思ったからです。私は成人をした記念に、初めてエステサロンに行きました。緊張で落ち着かない様子の私に対して、エステティシャンの方が優しく声をかけてくれたおかげで、リラックスして施術を受けることができました。施術を受けて驚くほど変化を感じられたことも、とても印象に残っています。
その時の経験がずっと忘れられなかったため、私もエステティシャンとしてお客様の心に残る存在になりたいと思いました。ただ施術を行うだけでなく、一人一人のお客様と向き合えるエステティシャンを目指したいと考えております。
 

例②

貴社のエステティシャンの教育制度やキャリアアップ制度に魅力を感じ、応募をさせていただきました。
前職はコスメやスキンケア用品の販売を行っており、接客の際にはお客様に商品説明をしながら、実際に手にとって使用感を試していただくこともありました。次第に「お客様を自分自身の手で美しくしたい」という思いが強くなり、エステティシャンを志しました。
エステティシャンの経験はありませんが、前職で身につけたコスメやスキンケアの知識、またお客様との関わりで必要不可欠なコミュニケーション能力は、エステティシャンとしても活かせることだと思います。
信頼されるエステティシャンを目指すためにも、正しい知識と技術を身につけ、いずれは店長やマネージャーへのキャリアアップを目標に、経験を積んでいきたいです。
 

例③

私が貴社でエステティシャンとして働きたいと思った理由は、2つあります。1つ目は、経営理念が自分の目指す働き方と一致したためです。人を喜ばせたり感謝される仕事をしてみたいと思っているため、貴社の「美しさから引き出される笑顔」という経営理念は、まさに私の目指すべき働き方です。
2つ目は、エステティシャンとしてあらゆるチャレンジができる職場環境に魅力を感じたためです。特にエステティシャンのスキルアップにつながる資格取得支援制度には、大変興味があります。
向上心を持って自分自身のスキルを磨き、貴社に貢献できるエステティシャンになりたいです。
 
 

5、エステティシャンの志望動機、例文(経験者向け)

例①

貴社のアットホームな職場環境と、一人一人のお客様に寄り添った施術ができるサロンコンセプトに共感したため、この度応募をさせていただきました。
エステティシャンとして5年ほど勤務しておりましたが、全国にチェーン展開するサロンのため、お客様の数が多く、どうしても日々の業務をこなすことで精一杯になってしまいました。
貴社のお客様の要望や悩みを改善するために、丁寧なカウンセリングを大切にしているというコンセプトは、まさに自分の理想とするエステティシャン像です。
施術を通して、見た目だけではなく内面からの美しさを引き出せるエステティシャンになれるように精進したいと思っております。
 

例②

貴社のサロンでは、ブライダルエステや産後ママ向けの施術があるということを知り、「自分自身の経験を活かして働くことができるのでは」と思い、応募をさせていただきました。
女性は結婚式や出産という大きなイベントを経験します。私もその経験者の一人であり、そのようなライフステージの変化が起きる時でも、「美しくいたい」という気持ちは消えることがないことを身をもって感じました。
以前はエステティシャンとして働いており、結婚を機に退職をしましたが、この経験をきっかけに再び働きたいと思うようになりました。
ブランクはありますが、ママだからこそ共感できる悩みに、親身になって寄り添えるエステティシャンを目指したいと思います。
 

例③

前職はエステティシャンとして、主に脱毛の施術をしておりました。働いているうちに脱毛以外の知識やスキルも身につけたいと思い始め、そのタイミングで貴社のサロンの特集を雑誌で拝見し、方針やコンセプト、施術内容に興味を持ったことが応募のきっかけです。
私は初めてのお客様もリピーターの方にも、丁寧なカウンセリングを行うことを大切にしています。エステティシャンには技術力も必要ですが、まずはお客様とのコミュニケーションが重要だと考えているので、貴社に入社することができたら、持ち前の明るさとコミュニケーション能力を活かして働きたいと思います。
 
 

6、面接前日の確認リスト

① 面接時間と場所の確認

面接会場には10分前に着くようにします。前日までに場所や行き方をしっかり確認しておきましょう。
 

② 担当者の電話番号とメールアドレス

電車の遅延や道に迷ったりする可能性もあるので、担当者の電話番号とメールアドレスはしっかりメモを。万が一、当日に遅刻しそうになった場合は、早めに連絡をしましょう。社会人としてのマナーです。
 

③ 持ち物の確認

・履歴書
・職務経歴書
・手帳
・ペン
 
その他にも提出を求められたものなどがあれば、忘れずに準備しておきます。
担当者に提出する履歴書や職務経歴書などの書類は、折れたり汚れたりしないようにクリアファイルなどに入れて持っていくと安心です。
手帳とペンは、面接時に大切なことをメモしたり、その場で2次面接の日程や勤務日の相談がある場合があるので持っていく方がよいでしょう。
 

④ 服装の確認

当日になって、「着るものがない!」「着ていく服が決まらず遅刻した!」などバタバタしないように、前日までに準備をしておきましょう。エステティシャンの面接なら清潔感のある服装、髪はまとめた方が好印象を与えることができます。
 

⑤ 面接のシミュレーション

面接で必ず聞かれる質問はいくつかあります。
・志望動機
・自己PR
・入社後にやりたいこと
・現在の働いている状況
・いつから働けるか
・逆質問
これらの質問にしっかり答えられるように、事前にシミュレーションをして面接対策をしておきましょう。
 
 

7、まとめ

【例文あり】エステティシャンの志望動機の書き方とコツ!
 
エステティシャンの志望動機は、「エステティシャンになりたい」という熱意を伝えなくてはいけません。エステティシャンを目指す人は同じような志望動機になりがちなので、差をつけるには具体的なエピソードや個性をアピールすることがポイントになります。
履歴書を書く際の参考にしてみてくださいね。