エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

華やかな美容部員の舞台裏!どんな努力をしている?

華やかな美容部員の舞台裏!どんな努力をしている?
 
百貨店のコスメカウンターで化粧品の販売を行う美容部員。気品があり華やかなイメージがある美容部員ですが、その裏では日々スキルアップを目指して努力を続けています。
今回は、美容部員の裏側に迫るべく、美容部員の大変なことや努力していることについてご紹介します。
 

1、美容部員の大変なこと

華やかな美容部員の舞台裏!どんな努力をしている?
 

覚えることが多い

美容部員になるためには、様々な知識を身につけなくてはいけません。自社ブランドの商品の種類、価格、特徴をはじめ、スキンケアの知識やメイクアップ技術など、覚える内容は多岐にわたります。
新人の頃は、覚えることの多さに苦労するため、家に帰ってからも勉強をしたり新しい知識を習得するための努力を行う必要があります。また、新商品が発売するたびに、新たな知識を身につけなくてはいけないので、美容部員は常に知識のアップデートが求められる仕事といえるでしょう。
 

ノルマのプレッシャー

最近は個人にノルマが課せられることは少ないですが、店舗ごとに売上目標を設定することが多いため、常に数字を意識して仕事をしなくてはいけない大変さがあります。
あくまでもお客様の要望を第一に考えた接客をしつつ、客単価を上げるために関連する商品を提案したり、まとめ買いを提案するなどの販売方法の工夫をし、売上を伸ばすための努力が必要になるでしょう。
 

肉体労働

美容部員は華やかなイメージがあると思いますが、体力勝負な一面もあります。勤務中はずっと立ちっぱなしの状態になるため、足への負担がかかることから、むくみに悩む美容部員も多いでしょう。
客数が多い土日や繁忙期は、お客様の対応に追われるため、かなり体力を消耗します。休憩中にマッサージをしたり、寝る前にストレッチをすることを習慣化している美容部員が多いでしょう。
 

肌のケア

美容部員は化粧品を販売する仕事のため、ノーメイクで勤務することはNG。メイクは毎日欠かさずしなくてはいけないため、どうしても肌に負担がかかってしまいます。
メイクが崩れていると接客の説得力に欠けるため、こまめにメイク直しを行うことも、肌にダメージを与えてしまうでしょう。なおかつ、美肌をキープしなくてはいけないので、どれだけ疲れていてもスキンケアは入念に行わなくてはいけません。
 

人間関係

上司からのプレッシャーや嫌味、派閥などの人間関係のトラブルは、女性が多い職場特有の
悩みといえるでしょう。
風通しがよくてアットホームな職場環境がほとんどですが、人間関係を理由に辞める人がいるのも事実です。職場の雰囲気は実際に働き始めないとわからないことが多いため、人間関係の悩みを抱えてしまう人は少なくないでしょう。
 

美容代がかかる

美容部員は美意識が高くないといけません。そのためには、日頃から新しい美容法を試してみたり他のブランドの商品を使って情報収集を行う必要があります。
さらに、エステやマッサージ、脱毛や美容院などの出費がかさむため、給与のほとんどは美容代に消えることが多いでしょう。
 
 

2、美容部員として努力すること

美意識を高くもつ

美容部員は美しくなりたいお客様に最適な商品を提案したり、メイクのコツや知識を伝授する役割がありますが、美容部員自身も憧れられるような存在でなくてはいけません。
そのためには、美意識を高くもつことが重要です。最新のトレンドや美容法を積極的に取り入れて、きれいになるための努力を怠らないようにする必要があります。
またライバルとなる他ブランドの商品を使って、自社ブランドと比較してメリット・デメリットを洗い出すことも大切です。美容に対して貪欲で研究熱心な姿勢こそが、美容部員として成長するきっかけになるでしょう。
 

メイクの技術を磨く

お客様にタッチアップを行う際に必要になるのが、メイクの技術です。タッチアップは、商品の購入につながるきっかけとなるため、美容部員の技術力が試される瞬間です。
メイクの技術は練習を繰り返し、スキルを磨く必要があります。新人の頃はもちろん、美容部員として活躍できるようになってからも、メイクの技術を向上させる姿勢は忘れてはいけません。
向上心をもって取り組むことで、美容部員としての活躍の幅を広げることにつながるでしょう。
 
 

3、美容部員のやりがい

スキルが身についた時

美容部員としてのスキルが身についた時に、やりがいを感じることができます。最初は上手にできなかったことも、練習を重ねるうちに徐々に技術が上達したり、覚えられなかったことがしっかりインプットできた時に、「頑張ってよかった」という気持ちになるでしょう。
 

お客様に感謝された時

お客様の要望や悩みをヒアリングし、それに見合う商品を提案することが美容部員の仕事です。提案や助言のおかげで、お客様が満足のいく買い物ができ、「ありがとう」という言葉をもらえた時は、美容部員として喜びを感じる瞬間といえるでしょう。
 
 

4、まとめ

23111703
一流の美容部員になるためには、コツコツとひたむきに努力することが必要です。苦労することや大変なことも多いですが、その分やりがいを感じる仕事といえるでしょう。
美容やメイクが好きな人は、美容部員の仕事を目指してみてはいかがでしょうか?