エステ・コスメ・ネイル・美容の求人ならBeAle(ビアーレ)

美容部員(BA)になるには?雇用形態やキャリアアップについて

美容部員(BA)になるには?

美容部員は一般的にはビューティーアドバイザー(BA)とも言われ、百貨店のコスメブランドの売り場やドラッグストアなどで化粧品を売るお仕事です。
トレンドのメイク方法だけではなく、お客様の肌や顔の悩みに合わせた商品の提案をする、女性の美に関するプロフェッショナルです。
最近では美容部員の経験がある方がその知識をSNSなどで発信していたりするのも目にすることも増え、身近な存在ではないでしょうか。
そんな美容部員のお仕事について、どうやったらなれるのか、実際にコスメブランドの採用担当者に伺ったお話を元にご紹介します。
 

1、美容部員とは

 

基本データ

スタッフの平均年齢 20代を中心とした幅広い年齢層
正社員(契約社員含む)とアルバイトの割合 正社員(契約社員含む)90%、アルバイト(パート)10%
平均月給 20万円前後
研修期間 3カ月~
転職者の前職 アパレル販売、飲食系、美容師、アパレル、会社員、通訳(免税店勤務希望者)


 

スタッフの平均年齢
1番多い年齢層は20代のスタッフです。コスメ販売では様々な世代のお客様が来店します。お客様としては、自分と近い世代の美容部員がいることで安心して相談ができるので、30代以上のスタッフも多く活躍できる場があります。
 
正社員とアルバイト・パートの割合
自社採用の雇用形態は契約社員や正社員が多く、一部、派遣企業から派遣されているスタッフもいます。
少ないですが、アルバイトやパートの雇用もあります。週3~などの求人もあり、学生や主婦ママが働けるものもあります。美容に興味がある方が始めやすい条件がそろっているのでお勧めです。その他に、派遣社員として様々な百貨店の美容部員として働く方法もあります。ハイブランドや人気のブランドでの仕事の紹介や条件やシフトなどの交渉を派遣会社がしてくれるので、希望の環境で働きやすなどのメリットがあります。
 
平均月給
平均月給は20万円前後の企業が多いです。未経験からはじめやすい職種の為、初めは給与はやや低め。仕事に慣れて商品などの専門知識を深めたり、顧客様との信頼関係を上手に築いたりすることができれば昇給に繋がります。
 
研修期間
ブランドによって研修期間は異なりますが、研修期間3ヵ月が平均的のようです。中には、基本的な研修を2日間で行い、その後すぐに店舗に配属されるOJTの形を取り入れているブランドもあります。1から丁寧に覚えていきたい方は長期間の研修があるブランドへ、実践しながら知識や接客スキルを身に着けたい方はOJTの研修があるブランドがオススメです。
 
転職者の前職
転職をして美容部員になった方の多くは元・アパレル販売員、飲食系などの接客経験者です。長年愛用しているコスメブランドで、今度は自分自身が美容部員としてこれまで培ってきた接客スキルで商品の良さを伝えたり同じ女性の肌の悩みを解決したりしたいという理由で転職を希望したスタッフが多いようです。その他にも美容師から転身する方や、英語に精通した通訳の方が免税店勤務を希望して就職することも。
 
 

2、美容部員の仕事内容

メインの仕事は接客・化粧品の販売です。洗顔料や化粧水などの基礎化粧品からファンデーションやアイシャドウ・リップなどのメーキャップ化粧品まで、扱う商品のほとんどが直接肌につけるデリケートなものになります。
そのため、肌の構造や化粧品の成分について専門的な知識を深める必要があります。接客の場ではお客様との会話の中からライフスタイルを探り、お客様の顔をよく見ることでその人に最適な商品を提案します。
お客様に寄り添い、信頼関係を築くことが重要なお仕事です。
 
 

3、美容部員の1日の流れ

美容部員は基本的にシフト制なので、営業時間の中で早番と遅番に分かれて勤務するところが多いでしょう。ここでは早番のスケジュールをご紹介します。
 
▷9:00 出勤・開店準備
早番の場合は営業時間の30分〜1時間前に出勤をし、開店準備を行います。店内の清掃やその日の予算を確認して、スタッフ同士で意見交換や連絡事項を確認します。
 
▷10:00〜12:00  接客・事務作業
開店したら店頭に立って接客をメインに行います。平日の午前中は比較的空いているので、客注商品の連絡やDM作成などの事務作業をすることもあります。
 
▷12:00〜13:00  休憩
早番ならこの時間帯に休憩となるので、休憩室や近くのカフェでお昼ごはんを済ませます。美容部員は接客業なので、ニンニク料理などの臭いがきついものは避けた方が良いでしょう。休憩時間には歯磨きやメイク直しをして、午後の仕事に向けての準備を行います。
 
▷13:00〜18:00  接客・発注
休憩の前後に遅番の人が出勤となるので、午前中の業務の報告をします。夕方以降には客数も増えるため、接客が中心となり忙しい時間帯となります。在庫がなくなった商品や取り寄せ商品がある場合は接客の合間をみて発注をします。
 
▷18:00 引き継ぎ・退勤
退勤する時間になると、遅番のスタッフに連絡事項ややり残した業務の引き継ぎをします。接客が長引いた時や繁忙期でない限り、基本的に残業をすることはありません。遅番の時はレジ締めなどの閉店作業を行ってから退勤する流れになります。
 
 

4、美容部員の働く環境

 

休日について

美容部員に限らず接客業全般に言えますが、世間的にお休みの日に当たる土日祝日やゴールデンウイークやお盆やお正月などの長期休暇は繁忙期になります。
そのため、美容部員の休日は平日が一般的です。しかし、シフト制のところが多いので、希望を出せば土日にお休みをすることも可能です。
また、派遣会社で美容部員になると、スケジュールの調整の際に派遣企業が間に入ってくれるのでシフトの相談がしやすいという声もあります。
 

研修について

美容部員のお仕事は未経験の方でもしっかりはじめられるよう、ほとんどの企業やブランドで研修制度が設けられています。
研修期間は2週間で短期集中で行う企業もあれば、3ヵ月かけてじっくり行うところなど様々です。
お客様のお肌に関わるお仕事なので、肌構造などの基礎をしっかり学びます。その他にもスキンケアやメイクアップのテクニックの実践や接客のロールプレイングなどを行います。
覚えることがたくさんありますが、どれも身に付けばお仕事以外でも役に立つ知識ばかりです。お客様との信頼関係を築くために基礎をしっかりと身につけましょう。
 

服装について

多くの場合、そのブランドで制服が用意されています。また、種類も数種類用意されていることが多く、百貨店やドラッグストアなど配属先によって異なることもあるようです。サイズの用意も多く取り揃えているので体型に自信がない方も安心です。
 
 

5、美容部員のキャリアアップ

店舗で知識や経験を重ねると様々な道が開けます。キャリアアップの例としては以下のものが挙げられます。
 ・マネージャー…現場と本社を繋ぎ、人材を育成する
 ・チーフ…各地にある店舗のサービスのレベルアップに貢献
 ・トレーナー…美容部員の教育を担当
 ・プロモーション…販売促進や集客イベントの企画や運営により売上向上などに貢献
化粧品やメイクに関して専門性を高めていきたい方はトレーナー職、店舗やブランドを盛り上げていきたい方はマネージャーやチーフなど、働きながら自分は何が得意なのかを見つけていくとキャリアアッププランが見えてくるでしょう。
 
 

6、美容部員になるには

 

向いている人の特徴

接客業、専門性の高い職業ということから以下のキーワードが挙げられます。
・明るい方
・前向きな方
・向上心がある方
ブランドの顔となるお仕事なので、企業は明るく接客応対が出来る方を求めています。お客様の立場だと、明るくて優しいスタッフの方の方が相談しやすいですよね。
さらに、シーズン毎に発売される商品の情報や、メイクのトレンド、お客様の肌の悩みに答えられる専門知識など、ベテランになっても覚えることは尽きません。そのため、知識を意欲的に吸収できる向上心がある人が向いています。
 

求められること

メイク・コスメが好きという気持ちはコスメブランドで働く上で大切な資質です。ただ、それだけではなく、接客業なので人と関わることが好きということも求められます。
自社の商品を使ってお客様に感動を与えたいというホスピタリティの気持ちも美容部員になる上で重要です。
実際に働いているスタッフの多くは、お客様に喜んでほしいという気持ちが強い為、人として女性として素敵で憧れられる方が多いです。
 

高卒でもなれる?

美容部員を志望しているけど、学歴に不安を感じる方もいるのではないでしょうか。しかし、美容部員の求人の多くが未経験OKの求人であると同時に学歴不問であることがほとんどです。
理由として、求められているのは知識ではなく、その人のお人柄の要素が大きいからです。
美容部員の一番のお仕事は商品やそのブランドのファンを作ることです。そのため、どれだけ自社のブランドに関心があるか、お客様とコミュニケーションがしっかりとれるか、というところがチェックされます。
高卒など学歴は重視されないようです。研修制度がしっかりしている企業がほとんどですので、入社後に基本的なマナーや専門知識などはそこで身につけることができます。
 

新卒で美容部員になるには?

美容部員の新卒採用は他の職種と同様の採用スケジュールで行われることが多いようです。
美容系の学校では企業やブランドに推薦をしてくれるところもあるので、チェックしてみましょう。メリットは社会人経験や知識がない新卒の方のほうが、ブランドに関する知識やスキルを吸収しやすいということで積極的に採用する企業もあります。
 
 

7、美容部員のやりがい

 

仕事のやりがい

お客様から「ありがとう」と言われることが一番のやりがいです。自分の大好きなコスメを通してお客様が喜んで帰ったり、そこから常連のお客様になったりと信頼関係を築くことがモチベーションに繋がります。
お試しでお客様の顔にメイクアップをするタッチアップを受けた方が、今までと違う自分を発見した喜びを感じて、その体験から今では店舗に美容部員として立っているというエピソードもあるほどです。
他の接客業との違いは、メイクや肌を変えてお客様をよりキレイに変身させることで、新しい発見や大きな感動を与えることが出来るというところです。
 

美容部員の楽しいこと、大変なこと

華やかなイメージがある美容部員のお仕事について、楽しいことと大変なことをまとめました。
 
楽しいこと
・美容の知識がついて、自社商品以外にも様々なブランドの商品の良し悪しがわかるようになった。
・お客様にメイクをする際に、パッと表情が明るくなる瞬間を見るとやりがりを感じる
・お客様に「肌の調子がとてもいい!ありがとう!」と言われたとき
・自分の接客を気に入ってくださったお客様が常連になること。時には贈り物をいただくことも。
 
大変なこと
・立ち仕事なので、帰るころには足がパンパンに・・・。
・お客様を第一に考えた接客を常にしたいが、売上も意識しなければならないとき。
・商品管理や顧客管理、DMを書いたりなどの接客以外に行う裏方のお仕事
 
お店で見かける美容部員の方の華やかそうな印象とは裏腹に大変なことも挙げられました。しかしそれを上回るやりがいがあることがわかりました。
 

働くメリット

美容部員として一番に上げられるメリットとして、コスメが好きで美容部員を志望するスタッフが多いことから、好きなものに囲まれて働けることが挙げられます。
コスメ代として給与とは別にお金が支給されるブランドもあるので、自分磨きをしながら働くのにピッタリな環境です。
また、働いているうちに正しいスキンケアや自分に合ったメイクが身に付くので、実年齢よりも若く見られる美容部員が多いというのもポイントです。
 
 

トップで活躍できる美容部員になるには

美容やメイクに対して常に敏感でい続けることがまず一つです。現在活躍している美容部員の方の多くは、常に輝き続けたいと意識を高く持ち、その人自身が女性として魅力的なことが特徴として挙げられます。
また、自分自身がコスメで綺麗になるだけではなく、その体験や感動をお客様にもしてもらいたいという接客に対する意識も高いです。
接客をする際は自分の感動を押し売りするのではなく、お客様はどんな生活をしているか・何で悩んでいるか・どんなものが好きか、などをヒアリングしてその人に合った提案の仕方が出来るスタッフがお客様の信頼を多く得ています。
 
 

8、まとめ

美容部員は知識や経験がなくても気軽にはじめられるお仕事です。アパレルや飲食系の接客業とは違う特徴として、メイクや化粧品を使うことでお客様が自分自身の新しい一面を発見する感動を与えられるということが挙げられます。
お客様と一緒にその体験を喜び合えることが美容部員の一番のやりがいと言えるでしょう。
美容・メイク好きがきっかけで始めると、自分と同じような悩みのお客様と多く接する機会のある仕事なので、共感を得やすい仕事です。
また、仕事に慣れて知識が付くほど働く自分も綺麗になれるお仕事なので、働きながらキレイでいたいと考える方にオススメのお仕事です。